映画 ラ・ラ・ランド

きらきら色あざやか、スクリーンいっぱい、歌ってはずんで踊ってみたり、

それぞれ夢にむかって、一直線のふたりが、出会って恋におちての物語。


b0190930_23411096.jpg


少しありきたりで、身のほど知らずの夢ではあるのですけれど、若いですものね、

オーディションに落ちまくりの、女優志望の女の子と、自分の好きな曲だけを、

演奏できる理想の店を持ちたい、ジャズピアニストの青年が、少しつっかかりながら、

つべこべ言いあいながらも、人生のままならなさ、せつない気持ちのシンパシー。


b0190930_23424423.jpg


頑張ってるつもりなんだけれど、いつもうまくいかない、やはり無理かもしれない、

どうやら周りからも、きっと冷ややかな目で見られている、もう諦めるべき?

そんなとき、理解してくれる、肯定してくれる、励ましてくれる、誰かって、

かけがえのない、とても大切な存在、あした生きてく、力をくれるだけでも。


b0190930_23433793.jpg


星いっぱいの夜空を、手をとりあって、渡ってゆく幸福が、ほんの一瞬でも、

肩をよせあい、愛おしさを奏でる調べが、永遠でなくても、今そばにいる、

ぬくもりを感じられる、支えがうれしいのに、それだけでは立ち行かない現実、

その場しのぎでも、日々の糧のために、なにかを犠牲にすることがやはり。


b0190930_23440863.jpg


いわゆるミュージカルの能天気さにも、見放されて、夢と現実の境界で、

自分を信じて勇敢にチャレンジしたり、すぐに希望を見失って絶望したり、

このひとと一緒なら、そんな気持ちで、夢が輝きを、増してもきたのに、

ふたりでいても、一向に遠のきそうな、はるかな夢が、もはや苦しくて。


b0190930_23443628.jpg


演じるエマ・ストーンと、ライアン・ゴズリングが、みずみずしく痛々しく

出会った春の、うきうき予感に高鳴る踊りっぷりは、はじけて、

夏は、息もぴったりの疾走ステップ、そして、秋はとまどいの揺らぎが、

冬のクリスマス、美しいピアノの音色に、時間がとまり、あるいは戻り。


b0190930_23451483.jpg


すべて思いどおりにならなくても、必死でなにかを追いかけていた日々の、

触れ合い、交わした言葉、いたわりあいは、ずっと密やかに胸の奥でくすぶって。


b0190930_23453988.jpg


冒頭のハイウェイ渋滞の華やかさから、すこし心痛い大人の世界に。

いろんな名画のいいとこどり、ミックスみたいな、楽しさみごとさ、

なんとなく、ローマの休日ぽい、凛々しくやさしい印象ものこって。


b0190930_23460415.jpg


音楽、よいですね、なんか元気になれそうな励まされるような、リズムメロディー。

ラストは圧巻、ああ人生ってなんかそんな感じの一瞬の永遠のつらなりのような。


シネプラザサントムーンにて3月


ラ・ラ・ランド 公式サイト


[PR]

# by habits-beignets | 2017-03-14 00:13 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 天使にショパンの歌声を

雪景色にたたずむ寄宿学校は、つましくうるわしく、制服姿の少女たちの、

規律正しい暮らしぶりは、清々しくも、ささやかな屈託の気配が、微笑ましく。


b0190930_22421523.jpg

ここちよい響きの、フランス語で描かれる物語の舞台は、カナダのケベック州、

簡素な間仕切りだけの、それぞれの部屋で就寝する女学生たちと、

彼女たちを導くシスターたちは、授業も食事も余暇の時間も、ともに集い、

音楽によりそいながら、穏やかな日々、ところへ、ちいさな波とおおきな波が。

b0190930_22461374.jpg


校長のオーギュスティーヌの姪が、いかにも問題児の風貌でさっそう登場、

なにやら事情があるふうに母親から押し付けられて、入校してくるのですが、

プチ不良の雰囲気まといながらも、つい聞き惚れてしまうピアノの腕前、

音楽って、奏でるのも聞き入るのも、きっとみな、心の惑いを慰めたいから。

b0190930_22482743.jpg


一日中、学校の規律にしばられて、自由のない生活を、なぜ年頃の少女たちが、

と疑問に感じなくはないけれど、彼女たちのコーラスのうつくしさ、それぞれ、

一心に、おおきくまるく開いた口、かしげる首を、見ていると、かすかな憂い、

人知れぬ災いから、救われたい願いが、そこに垣間見えるようにも。

b0190930_22494330.jpg


けれど、たとえ切実な願いがあったとしても、理解されない現実もせまって、

組織による運営には、採算の問題が、音楽って芸術ってつねにそこでは弱者、

どんな実績や理想も、利潤追求のまえでは無力、うつくしい調べで訴えても、

識者たちの応援をとりつけても、価値観のちがいを乗りこえるのは。

b0190930_22502762.jpg


表面的に物語をなぞると、敬虔な音楽学校の教師と学生たちが、

時代の変化に立ちはだかれて、か弱いながらも、精いっぱい力を合わせて、

闘う美談のようだけれど、そうせずにはいられない、ひとりひとりの人生、

その背景、静かな暮らしに安寧を求めてきた心情が、控えめに漂って。

b0190930_22505113.jpg


気配を感じさせながらも、具体的には語られない、彼女たちの来し方。

うつくしい楽曲を、丁寧に、祈るように大切に、歌い、奏でる暮らしに、

どうか、幸運が授かりますように、微笑みが、いつでも絶えませんように。

いくつもの名曲を堪能しているうちに、こちらもいつしか信心のような。

b0190930_22511153.jpg


ところで、白銀のなかの少女たちの私服姿が、とってもキュート。

きれいな色の帽子やコートが、かわいくて、じっと見つめてしまう。

b0190930_22513763.jpg


シネプラザサントムーンにて2月


天使にショパンの歌声を 公式サイト


[PR]

# by habits-beignets | 2017-02-26 22:55 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 92歳のパリジェンヌ

すでに、いくらかありふれた感さえある、テーマとなってしまいましたが、
実話がもとになっているんですね、フランス元首相の母親がじっさいに。

b0190930_22194019.jpg

92歳となってもハツラツ、家族みんなで誕生日を祝う会を開いてくれて、
これぞ、絵に描いたような幸福と映るのに、その席での衝撃の宣言が波紋を、
そりゃ当然でしょうね、これからもどうか元気に、と祝福する集まりに、
あえて水をさすかのような、どころか、悪意さえ汲みとれそうな、決定通告。

b0190930_2220792.jpg

本気とは思えない、うつ病なのでは、疑いたくなるのも、無理もなさそう、
端からみれば、多少の衰えはあるにしても、充分まだ元気、身ぎれいだし、
家政婦に助けてもらってはいるけれど、きちんと暮らしは成り立っていて、
生きるのが苦痛になっているとは、信じられない、むしろそれは我が儘では。

b0190930_22212230.jpg

それでも、揺らぐ気配のない老母の決意に、反発するより寄り添うことで、
彼女の真意、願いを理解しようと、戸惑い、ためらい、うなされる娘が、
幼い頃と変わらず、母を求めすがりたい気持ちを捨てられない自分と、
もはや、頼られるほどの力を保てなくなっている母との関係に、立ち向かい。

b0190930_2221186.jpg

老いの不安って、当人にしかわからない、繊細なところが、あるのかも、
認めたくはないけれど認めざるをえない、その悲しい進行は、恐ろしく、
誰かに打ち明けるのも、はばかられて、けれど、逃れられないと諦めたら、
いっそ潔く受け入れて、あえてクールに対処することでこそ、打ち勝てて。

b0190930_22203473.jpg

生きるって、自分の意志を実行できること、そんなふうに過ごしてきた母を、
ずっと身近に感じてきたことを思い起こせば、別れのつらさを耐えてでも、
彼女の希望を受け入れたい、彼女の姿勢を理解したい、絶えず逡巡しつつも、
悔いのない人生をたすけたい、いつか訪れるそのときなら、むしろ自由に。

b0190930_22214716.jpg

けれど、揺れるし苦しいですよね、娘も息子も孫も、それぞれの立場で、
愛情が深いのはおなじでも、向き合い方はちがって、どれが正しくて、
どれが間違っているとは、確かではないまま、誰もが、自分の気持ちが、
置いていかれるような、不安と苛立たしさに、我を失いそうになって。

b0190930_22221064.jpg

本来は、自然にまかせて人生をまっとうするべきなのでは、と思うけれど、
発展した医学をまえに、なにが自然なのかも曖昧になってしまったような、
ここまで差し迫った決断が必要になるなんて、せつない、せつない。
ところで、娘と息子では、母への感じ方ってこんなふうに違うのかもですね。

シネプラザサントムーンにて12月

92歳のパリジェンヌ 公式サイト
[PR]

# by habits-beignets | 2016-12-18 22:31 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 惑う After the Rain

身近な場所が映画の舞台、という興味が先に立っての鑑賞でしたが、
お話が、いくらか綺麗すぎる気はしたものの、観た後しみじみの心地よさが。

b0190930_1056397.jpg

文学小説のような章立てで、つましく暮らす家族の歴史が、語られるのですが、
最初は、いくらかありふれた、多少のほころびはあるものの、互いに寄り添い、
日々の暮らしを大切にいとなむ、一家の日常が映し出される印象だったのが、
時空を飛びながら、父親、母親、長女、次女、それぞれの覚悟の物語が。

b0190930_1056471.jpg

親が子の一瞬一瞬をも慈しみ、その成長を、絶えず捉えようとまなざしを向け、
やがて大人になったわが子を手放すまでの、当たり前な印象の家族のあり方が、
ささやかな努力の積み重ねで、奇跡のように紡がれている事実が、かげりなく、
まっすぐに訴えられて、あらためて、家族って不思議な世界、拠り所の曖昧さ。

b0190930_10571251.jpg

思いのかけちがいがあっても、考えの不一致に苛立っても、突き放せないで、
あきらめきれずに、わかりあいたくて受け入れるけなげさが、家族なのかも、
傷ついたり絶望しそうになっても、安心して帰れる場所が、誰しも必要で、
それはだから、生涯かけても手に入れたいと、どこか本能で感じているのかも。

b0190930_10575033.jpg

昭和の初期から55年まで、旧い料亭や私塾、庭の佇まいが、そこで暮らす
ひとびとの、自らの行く末を案じながらも、ささやかな希望を胸に抱いて、
せいいっぱい力をつくす気丈さを、静かに励ましているように温かく映って、
祭りの鐘、豆腐屋の笛、雨の音、誰かの励ましが、人知れず届いてくるよう。

b0190930_10581641.jpg

婚礼の光景など、いまはお目にかかれない和やかさ艶やかさ、遠い昔を語る、
懐古趣味っぽくもあるけれど、いまものこる、旧いお屋敷の気配からうまれた、
物語が、長年にわたる壮大な歴史を映画に語らせた力強さが、大団円とともに、
そこにあるだけの、風景が、過去の物語をはらんでいることを伝えてくれて。

b0190930_10583413.jpg

いまでもしじゅう通りかかる町並みが、30年以上前の風景として映るって、
なんか妙ですけれど、たしかにあんまり変わってなかったり、というか、
むしろ昔っぽく整備してたりするのかも、ロケ地の価値とか、考えてる?

b0190930_10585253.jpg

正直、セリフとかちょっとわかりやすすぎる物足りなさを感じたのですけれど、
おとぎ話ふうの平易さは、書割りっぽい舞台に相応しかったかもしれなくて。

シネプラザサントムーンにて11月

惑う After the Rain 公式サイト
[PR]

# by habits-beignets | 2016-12-03 11:01 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

ローマの休日、名作ですよね。むろん、オードリー・ヘプバーンの魅力全開
なわけなんですけれど、あのシンプルで奥深い脚本もすばらしく、なのに、
誰が書いたのかって、あまり注意してなかったり、こんなドラマがあったとは。

b0190930_23495362.jpg

まだ記憶の隅に残ってる、東西冷戦、けれどこれほど過酷な現状だったなんて、
しかもクリエイティブな業界のはずなのに、個人の思想や発言が、つぶさに
検閲されて、というか弾圧さながら、優れた脚本家のダルトン・トランボにも
追及の手はゆるめられず、体制に反発すれば、ソッコー刑務所の理不尽さ。

b0190930_23501811.jpg

思想が罪とされるなんて、まったく信じられないおそろしさなんですけれど、
どうやらそこには、たくさんの血がながれた戦争の残像、仮想敵国への憎悪が
反映された、激しい排他的感情があるようで、そんな無自覚なままの横暴さに、
ひとびとの心をなぐさめ、勇気づける物語を描く者さえも、痛めつけられて。

b0190930_23503991.jpg

服役後に出所しても映画界からは追放、脚本家としての腕はたしかなのに、
危険分子に仕事はゆるされず、けれど生活のため、ありあまるアイデアのため、
名前を伏せて廉価で、密かに膨大な量の名作や娯楽作をつぎつぎ、これは闘い?
賞讃や尊敬、穏やかであたたかな暮らしも諦めて、まるで何かへの挑戦のよう。

b0190930_2350571.jpg

いやきっと、こっそり脚本を書きつづけることのかなしさは、おしはかれず、
名誉や報酬は欲せずとも、自らの創作を語れない、思いを吐露できないことは、
世界とつながっているたしかさを、奪われたようなものでは?
正当な批判なら、きちんと対峙できるけれど、それさえ許されない侮蔑など。

b0190930_23511775.jpg

終盤、わずかに距離をおきながらも、ずっと寄り添いつづけた娘が、
目からウロコの洞察力をみせてくれるのだけれど、勇敢な者に光さす瞬間が、
自分を信じて、あるいは、信じるに値するか絶えず検証しつつ、屈しなければ、
大切なものは、きっと世の中に生き残れる、そんな希望がかいまみえて。

b0190930_23513319.jpg

それにしてもトランボさん、あれもこれも著名な映画の脚本書いたんですね。
「ローマの休日」ラスト、王女の凛とした表情が奇跡的に素晴らしいですが、
トランボさんの不屈の精神が、あたかも映ったように、不思議に感じられて、
市井の人々のささやかなきらめきのような自由を、守りたい、そんな瞳と口元。

b0190930_23515984.jpg

シネプラザサントムーンにて10月

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 公式サイト
[PR]

# by habits-beignets | 2016-10-04 00:04 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー