映画 キャロル

50年代ニューヨーク、クリスマスシーズンのデパート、ゼンマイ仕掛けの
玩具たちがところ狭しとならぶ売り場での、視線の交わし合いに目が釘づけ。

b0190930_16145962.jpg

サンタ帽を被った売り子の女性と、たっぷりな毛皮に身を包んだ客の女性、
店内の混雑に遮られながら、目を合わせた瞬間が永遠のときでもありそうで、
これって何だろう、このわけもなく、どうしようもない、あらがえない吸引力、
もしや? そう気づいたときにはすでに遅い、迷う暇もなく、つっぱしって。

b0190930_16151817.jpg

世間並みのしあわせは、すぐそこに、ちょっと手をのばせば、誰も傷つけずに
それなりに恵まれた人生を歩めそうなのに、なぜか拒絶せずにはいられない、
たぶん希望が見いだせないから、物足りなさに鬱鬱となる心が叫びそうだから、
自分が何を欲しているか、考えなくても、圧倒的な心の動きでわかってしまう。

b0190930_16153870.jpg

本当に、互いをわかちあいたいと渇望したとき、異性はむしろ幻滅の対象かも、
この時代の男性は、女性を所有欲の目で見ていそうだし、上から目線は確かに、
美しさ可愛さを讃えるばかり、自分の意のままにならなければ、激しくなじる、
けれど彼女たちは、ためらいがちに、でもまっすぐ、相手の心の奥に忍びこむ。

b0190930_16155513.jpg

あっと思うまもなく、二人の女性の情熱のまま、物語は加速してゆくのですが、
写真家になることを夢見る、少女のようなまなざしが、一分一秒を逃すまいと、
フィルムに刻むのが、いたいけな祈りのようでいじらしく、まぶしげに見返す、
年上の女性の、華やいでいながらも、どこか冷めた表情が、気高く悲しそうで。

b0190930_16161265.jpg

いつかは終わりがくるから、という変えられない真実を受け入れるかのように、
逃避行じみた二人の関係は、中断を余儀なくされそうになり、ふと立ち止まって
考えたり決断して、そして時間が、いつか自然に熱を冷ましてくれたようにも、
でもきっと人生のなかでの、代えがたい一瞬は、強く互いの核にきざまれて。

b0190930_16165179.jpg

映画冒頭からラストへの流れが、非のうちどころのない完璧さ。
目だけで、すべてを語る、女性たちの、表現力のゆたかさ。
混雑を介しての大胆な視線、誰にも悟られない密会の、濃密さ妖婉さ。

b0190930_1617960.jpg

さておきファッションがとってもすてき、オードリーぽいジャンパースカート、
ヘアバンド、タータンチェックの帽子マフラー、クラシカルな車、街並も。

シネプラザサントムーンにて4月

キャロル 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2016-04-13 16:31 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< 映画 アイリス・アプフェル! ... 映画 アレクセイと泉 >>