映画 92歳のパリジェンヌ

すでに、いくらかありふれた感さえある、テーマとなってしまいましたが、
実話がもとになっているんですね、フランス元首相の母親がじっさいに。

b0190930_22194019.jpg

92歳となってもハツラツ、家族みんなで誕生日を祝う会を開いてくれて、
これぞ、絵に描いたような幸福と映るのに、その席での衝撃の宣言が波紋を、
そりゃ当然でしょうね、これからもどうか元気に、と祝福する集まりに、
あえて水をさすかのような、どころか、悪意さえ汲みとれそうな、決定通告。

b0190930_2220792.jpg

本気とは思えない、うつ病なのでは、疑いたくなるのも、無理もなさそう、
端からみれば、多少の衰えはあるにしても、充分まだ元気、身ぎれいだし、
家政婦に助けてもらってはいるけれど、きちんと暮らしは成り立っていて、
生きるのが苦痛になっているとは、信じられない、むしろそれは我が儘では。

b0190930_22212230.jpg

それでも、揺らぐ気配のない老母の決意に、反発するより寄り添うことで、
彼女の真意、願いを理解しようと、戸惑い、ためらい、うなされる娘が、
幼い頃と変わらず、母を求めすがりたい気持ちを捨てられない自分と、
もはや、頼られるほどの力を保てなくなっている母との関係に、立ち向かい。

b0190930_2221186.jpg

老いの不安って、当人にしかわからない、繊細なところが、あるのかも、
認めたくはないけれど認めざるをえない、その悲しい進行は、恐ろしく、
誰かに打ち明けるのも、はばかられて、けれど、逃れられないと諦めたら、
いっそ潔く受け入れて、あえてクールに対処することでこそ、打ち勝てて。

b0190930_22203473.jpg

生きるって、自分の意志を実行できること、そんなふうに過ごしてきた母を、
ずっと身近に感じてきたことを思い起こせば、別れのつらさを耐えてでも、
彼女の希望を受け入れたい、彼女の姿勢を理解したい、絶えず逡巡しつつも、
悔いのない人生をたすけたい、いつか訪れるそのときなら、むしろ自由に。

b0190930_22214716.jpg

けれど、揺れるし苦しいですよね、娘も息子も孫も、それぞれの立場で、
愛情が深いのはおなじでも、向き合い方はちがって、どれが正しくて、
どれが間違っているとは、確かではないまま、誰もが、自分の気持ちが、
置いていかれるような、不安と苛立たしさに、我を失いそうになって。

b0190930_22221064.jpg

本来は、自然にまかせて人生をまっとうするべきなのでは、と思うけれど、
発展した医学をまえに、なにが自然なのかも曖昧になってしまったような、
ここまで差し迫った決断が必要になるなんて、せつない、せつない。
ところで、娘と息子では、母への感じ方ってこんなふうに違うのかもですね。

シネプラザサントムーンにて12月

92歳のパリジェンヌ 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2016-12-18 22:31 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< 映画 天使にショパンの歌声を 映画 惑う After the... >>