<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

映画 トイレット

b0209183_2252471.jpg
b0209183_2255474.jpg


きれいなものを見てしまうと、欲しくなってとまらなくなるのって、欲張りなんじゃないかしらって、ときどき、お洋服とか靴とかを欲しくなってしまう気持ちを、不思議に感じてしまうことがあります。
でも、それでいいんだって、励まされました。

b0209183_22413459.jpg
↑パンフレット 餃子のレシピまであって!おすすめです。

『かもめ食堂』の、荻上直子監督の『トイレット』は、カナダの3きょうだいが、母が亡くなる直前に呼び寄せた彼女の母、つまり祖母と、奇妙な共同生活をするお話。
そもそも、性格やら病気やらの問題で、意思の疎通がスムーズにおこなわれているとはいえないきょうだいに、肉親とはいえ、初めて会った言葉のつうじない外国人が加わる。
遠慮しながら、戸惑いながら、苛立ちながらのコミュニケーションに、はらはらさせられたり、微笑をさそわれる。
b0209183_231314.jpg
b0209183_2315710.jpg

コミュニケーションて、他者とつながろうと努力するのって、まず自分というものがはっきり自分にわからないと、できないことなのかもしれない。
誰かにバカにされるんじゃないかとか、誤解されるんじゃないかとか怖れないで、自分に自信をもって、自分の思いどおりに自分を表現する勇気をもつことがたいせつで。
パニック障害で引きこもっていた長男のモーリーが、いちばん最初にそのことに気がついて、言葉なんか通じなくても、奇異の目で見られるかもしれないとわかっていても、まわりのひとびととつながろうとする姿に、勇気づけられる。
エアギターだって、フェイクじゃない、と真剣さをみせる妹のリサが愛らしく頼もしい。
b0209183_234464.jpg
b0209183_2384176.jpg

おしゃれも立派なひとつの自己表現なのだなあ、と気づかされました。
鮮やかな色のお手製ロングスカートを見て。
「クール」なのは、そのスカートなのではなくて、それを身にまとうひとの心意気、なのだと思う。
b0209183_23224140.jpg

映画そのものも、とてもクール。
もたいまさこの、キュートな「ばーちゃん」ファッションは、少女ぽかったりマダムぽかったりで、あこがれてしまうし、だってクラシカルな靴までが、とても素敵で、いったいどんな素性なのかと好奇心がくすぐられる。
餃子を焼くのがたいせつなコミュニケーションになったりもしているし、あのヒダヒダのすがたかたちがひしめいているのも、なんだか妙にファッショナブルに見えてしまいました。

シネプラザサントムーンにて、10月。

トイレット 公式サイト

(担当:シダ)
[PR]

by habits-beignets | 2010-10-17 13:22 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー