<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

映画 神々と男たち

あんまり、宗教とかって、興味なかったりするんですけれど。
でも、信仰心ていうのは、誰の心にも宿っているものだという気はしていて。
宗教とか関係なく、神々しいというか、そういう姿勢って、あると思います。

b0209183_1454613.jpg

宗教って厳格なもので、他の宗教と相容れないものなんじゃないかって
イメージがあるのですけれど、アルジェリアに派遣されているフランス人
修道士は、現地のイスラム教徒とお互いを尊重して、微笑ましいほど。
万人を愛することこそが、教えなのだと、実践している姿に威厳があります。

b0209183_1474669.jpg

けれど、生命をおびやかす危険が目の前にせまってきて、修道士たちも
「人」として揺らぎはじめて。「死ぬためにここに来たのじゃない」
それもまた真、「神にすべてを捧げた」それもまた真。そんな迷いを
生じさせたのが、宗教を盾にした争いだというのがまた、皮肉というか。

b0209183_1482488.jpg

信仰とは、勇気をさずけてくれるものなのだなあ、と、でも思いました。
どんな相手に対しても、分け隔てなく、対話を試みようとするその姿勢に。
暴力に怯え屈してしまうことが、暴力の世界を認めてしまうことで、
たとえ銃を向けられても、話し合おうとすることこそ、暴力の否定なのかも。

b0209183_150875.jpg

相手側の宗教を尊重して理解して、それが対話と平和を生む瞬間があって、
交渉とはこういうものなのだなあ、と思いました。それですべてがうまく
いくわけではない、ということも、すぐ後で描かれはするのだけれど。
誰とも愛をわかちあい、生をまっとうしたいと願うのに、できない悲しさ。

b0209183_1565744.jpg

しばしば、聖書の教えや聖歌に触れることになるのだけれど、どれも美しく
しみじみと、心にしみました。緊迫した状況のなか、迷いながら苦しみながら、
でも淡々と、自分たちの使命や死生観と向き合い、状況に対応してゆく修道士
たちの、つかの間のお酒を楽しみながらの、表情が、なんともいえず崇高で。

じっさいにあった事件ということです。
クライマックス、修道院の静寂、雪けむり、余韻が残りました。

シネプラザサントムーンにて、9月

神々と男たち 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2011-09-13 18:03 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー