<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

映画 マリリン7日間の恋

世界中を魅了するスターでも、いえたぶん、だからこそ、自分の輪郭が
あやふやになって、いいようのない不安におそわれ、誰かに、すがりたくなる。
そんなとき、身近にいてくれる誰かのぬくもりが、どうしても欲しくなる。

b0209183_20342116.jpg

大スター、マリリン・モンローが、イギリスの名優ローレンス・オリヴィエに
招かれるかたちで、彼が監督もつとめる主演作で共演したときの、舞台裏が
ひとりの青年の視点から、描かれるのだけれど、非常にナーバスで、それゆえ
予定や約束を守ることができず、見方によっては、ただの傲慢でわがままな女。

b0209183_20344670.jpg

ところが、ひとたび、眠っていたかのような演技力が目覚めると、誰もが
あっけにとられ、目が釘づけ、その一瞬のために、けっきょく許されながら
撮影はすすめられてゆくのだけれど、彼女の不安定さはまわりを怖れさせ、
それで、ひょんなことから雑用係の若者が彼女に接近、そして親密に。

b0209183_20351930.jpg

彼女にしてみれば異国、若者にしてみればまだ見知らぬ世界、そこで出会い、
女優のイメージとはかけ離れた、孤独なかおに触れた若者が、戸惑いながら
精一杯のやさしさで、彼女をささえようとする姿が、いささか滑稽ながら、
せつなかったり、愚かしかったり、しょせん、かなわぬ気持ちなのに。

b0209183_20355075.jpg

ほんのひととき、と、きっと誰もがわかっているのに、それでも、永遠の
ものとしてとどめたい、それが、恋、というものなのかもしれません。
ずっとこのまま続くことはなくても、いまこの瞬間の触れ合いが嘘という
わけでは、けっしてなくて、信じる一瞬のなかに、永遠が光のように。

b0209183_20384631.jpg

原題は「MY WEEK WITH MARILYN」、たしかに、あるいは恋というより、
「マリリンと僕の7日間」というような、ほのかな触れ合いのかんじが
あるような。まわりから隔絶された、ふたりきりの時間は、でもきっと
まぶしかったでしょうね、実話ということなのだけれど、きらめく思い出。

b0209183_2038526.jpg

ミシェル・ウィリアムズは、似ていないのに、映画を見ていると、マリリンに
見えてくるから、不思議。冒頭の、きらきら歌って踊る場面から、楽しくて、
あー観てよかったと、すぐに満足、お話には、オリヴィエとのロマンスが有名な
ヴィヴィアン・リーもでてきたりして、映画好きには、なんだかうれしい。

シネプラザサントムーンにて、5月

マリリン7日間の恋 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2012-05-25 20:59 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 おとなのけんか

子供のけんかに親がでて、というお話なんですけど、この顔ぶれ、
どう考えても、普通におさまりそうではない、ということで観ることに。

b0209183_21542571.jpg

となり近所や、親戚とか、おとなにはいろいろ、便宜的なおつきあいが
あって、そこではともかく、和を乱さないこと、自分の主張はさておき
お互いに歩み寄る姿勢が求められ、ていうか、理性的なおとなを演じるのが
暗黙の了解というかんじで、穏やかに、冷静に、おくゆかしく。

b0209183_215538.jpg

ですけれど、こと最愛の息子の、やったやられた、が争点となると、
最初は相手に譲ろうと、がんばって抑えていた言い分も、どうしたって
沸々わいて、ちくちく逆らってゆくうちに、あっという間に臨界点、
超えてしまえば、反動もあってか、あらゆることが引き金に、大論争。

b0209183_21552945.jpg

そもそも何が問題で、どうしてこの場に集まったのか、ときおり振り返りも
するのだけれど、もはや止められない勢いのほうが、大切とばかりに、
四つ巴のマシンガントークが、続くのだけれど、これがけっこう気持ちよい
のは、こちらが野次馬だからでしょうか、でも、真剣で正直で潔いのでは?

b0209183_21555751.jpg

全力で相手にぶつかる、その高揚感は、不愉快さから出たものであっても、
無意識に今まで堪えていた、何かに向かって突っ走りたい衝動に身をまかせる
爽快感が、あったのではないでしょうか、だって、あんなに泣き叫んでも、
瞳はいきいきと輝いて、ときには弾けるように笑ったりもするのだし。

b0209183_21561581.jpg

冒頭の、笑顔をとりつくろいながらも、相手を揶揄するような視線に比べたら、
あけっぴろげの応酬のほうが、遥かに誠実で心からのおつきあいに見えました。
怒りって、相手を理解しようとする原動力になることもあるのかも知れません。
ところどころ、同意したり、反発したり、自分に正直に対峙して。

b0209183_2157544.jpg

大ヒット舞台劇の映画化。芸達者な四人で、舞台の面白さがきっとそのまま。
よくできた密室劇で、流れる時間と物語の時間が、まったく同じ、臨場感。
皆、いくら観ていても飽きないぐらいだったけれど、クリストフ・ヴァルツの、
『イングロリアス・バスターズ』を、思い出させる、表情の緩急が、すてき。

シネプラザサントムーンにて、5月

おとなのけんか 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2012-05-11 22:18 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー