<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

映画 イヴ・サンローラン

Y、S、L、が絡みあった、シンボルマーク、ひと頃よく見かけました。
ファッション通でなくても、シャープでエレガンスな印象あった、ブランド。

b0190930_23335460.jpg

弱冠21歳でディオールの後継者に、けれどゴタゴタ、順調にはいかなくて、
というあたりから、当時のファッション界をぐいぐい引っ張ってゆく
立役者たち勢揃い、彼らがつるんではいちゃつく様子が、臨場感たっぷり、
つたわってきて、ベルナール・ビュフェが、カール・ラガーフェルドが。

b0190930_23342924.jpg

野望を抱きながらも、それぞれに鬱屈、誰もが一目おく才能をもちながら、
服のデザインはできても、プロデュース的な決断、交渉は苦手、というのは、
芸術家には、ありがちなことだけれど、そんなサンローランと彼を補佐する
者との関係性の重要さ、情熱的な恋愛感情などでは果たせない、繊細な作業。

b0190930_2335314.jpg

出発点は芸術、ひとりの人間の感性から、であっても、それが大衆に向かって
商業ベースにという過程には、多くの人間の思惑、手仕事が、当然かかわって、
むろん、お金も必要、ビジネスとしての成功を勝ち取る使命はあるのだけれど、
いっぽう、精神が開放される時間もなければ、センスもよどんでしまうのでは。

b0190930_23365074.jpg

遊ばせながらも、手綱を引き締める、天才的なデザイナーを、愛する気持ちと、
嫉妬する気持ち、思いのままにならない苛立ちと、それでも頼られる充実感、
一流ブランドの大番頭として、ともに立ち上げたメゾンを守り抜くことだけを
自らに課したかのような、ピエール・ベルジェの視線が、物語をほろ苦く。

b0190930_23371064.jpg

苦手なインタビューに、謙虚な姿勢を示すサンローランと、そんな彼を
咎めるベルジェとの、いざこざが、彼らの人間性を象徴しているらしく、
持てる才能を、自然な現象として受け止め、気前よくほとばしらせる天才に、
むしろ、もったいぶって価値を上げさせようとする、ビジネスマンの目。

b0190930_23372780.jpg

葛藤をくり返しながら、刹那で情熱的な恋愛感情が、憎しみもおり混ざって、
濃密で深淵な情念で結びつくほどに、きらびやかな世界のスポットライトの
外側の暗闇では、もがいて苦悩して嘆いて、はげしく反発しつつも、
離れることができない、互いを必要としている事実が、鬱陶しくもあって。

b0190930_23374729.jpg

伝統から革新へ、喝采もブーイングも、栄光も堕落も、華奢なからだで
受け止めたデザイナーが全身全霊をかたむけて表現したカタチだと思うと、
ファッションの、奥深さ、物語の気配が感じられて、装うってドラマチック。

シネプラザサントムーンにて11月

イヴ・サンローラン 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2014-11-24 23:43 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー