<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

映画 毛皮のヴィーナス

舞台をライブで、ってほとんど観たことないのですけれど、その臨場感、
躍動感、緊張感を、堪能できる映画って、だからとても、ありがたいです。

b0190930_1894126.jpg

ポランスキー監督、そういえば以前も『おとなのけんか』で、舞台劇、
みごとに映画にしてくれてましたけど、今回もその魅力全開!引き込まれて。
冒頭の、いかにもこれから、あやしい物語に入り込んでゆくかんじ、
扉をひらけば、がらんとした劇場で、ひとりわめく、神経質そうな男が。

b0190930_1895723.jpg

舞台劇の演出家、その主演女優のオーディションに遅れてきた女優の二人が、
オーディションをやる、やらない、の、のっけからの丁々発止、哀願したり、
激高したり、なだめたり、愚弄したりの、めまぐるしいやりとり、一瞬にしての
互いの立場の変わりよう、さっきはすがってお願いしてたのに、今度は足蹴に。

b0190930_1810213.jpg

マチュー・アマルリックと、エマニュエル・セニエ、このおじさんおばさん
コンビ二人だけで、物語は展開してゆくのですが、一瞬たりとも目が離せない、
演出家と女優だったかとおもうと、ホテルで出会ってあやしい関係になる男女、
愛の崇高さを語る芸術家と社会的なものさしではかる婦人、あっちへこっちへ。

b0190930_18105318.jpg

ピンと張りつめてちょっとのゆるみもみせない、緊張の糸、物語の場所は、
仮に設置されたような、薄暗い舞台なのだけれど、二人のやりとりに従って、
大昔のアブノーマルな世界だったり、殺風景なオーディション会場だったり、
芸達者な二人の俳優が、まさに闘うように繰り広げる、多面性といったら!

b0190930_18111456.jpg

相手の言動によって、自分の未知の部分が引き出され、呆然とするまもなく、
さらに向こうの攻撃にさらされて、応戦するのが精一杯、そんな、面の皮を
一枚一枚、あっというまにはがされて、おろおろしたり抵抗したりの
みっともなさを、マチュー・アマルリックが表情ゆたかに、キュートにさえ。

b0190930_18113724.jpg

毛皮ではない、ぼろぼろニットのショールも、振る舞いしだいで、いかにも
危険なしろものに、売れない女優はいったい何者? 正体があかされそうで、
でたらめそうで、なのに、ときおり戦慄せずにはいられない、洞察力、理解力、
最初は愚かにしかおもえなかったものたちの、突然の存在感は、偶然それとも?

b0190930_18115410.jpg

息もつかせぬ1時間半、たった二人の舞台劇の奥行きが底なし沼のようで、
ラストはもう、彼のセリフじゃないけれど、ここがどこの世界だか。

ジョイランドシネマ沼津にて2月
※2月27日で閉館! いままでありがとう!※

毛皮のヴィーナス 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2015-02-26 18:26 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 ショート・ターム

助けを求められたときに、助けてあげるのは案外かんたんかもしれません。
でも本当に必要なのは、助けをもとめるすべさえ失ったものへの、愛情かも。

b0190930_17312211.jpg

親がわが子をいつくしみ育てる、当然のこととして期待してよさそうなそれを、
裏切られ、ないがしろにされ、打ち捨てられた子供たちが、訴える声さえ発する
まもなく、社会からはじかれそうになったとき、18歳まで受け入れる施設
ショート・ターム12、紋切り型ではない、そこでの対応が、胸をえぐって。

b0190930_17323877.jpg

暴れたり嫌がらせしたり、手に負えない子供たちの、突き刺すような視線は、
彼らと対峙する大人たちを、値踏みしているのかも、弄んでいるのかも。
うわべだけのやさしさ、というか、マニュアルどおりの接し方では、だから、
彼らが切実に求めている、日々を生き抜いてゆくための力を、手渡せない。

b0190930_1733051.jpg

だって想像もできないですよ、この世に生まれ落ちたものの、誰にも守られず、
大切にされず、ただ利用され、虐げられるばかりな人生を、背負わされたら、
もはや、愛情というものの存在すら知ることもかなわないで、飢えた気持ちを
抱えていても、はたして自分が何に飢えているのかさえわからない、その絶望。

b0190930_17332352.jpg

誰かに傷つけられるかなしさから逃れたくて、あえて痛みに逃れようとする、
その傷跡の、言葉ではあらわせない、助けてほしい気持ちを、発露するのも
ためらってしまう、深い苦悩は、おなじ傷をもつ、おなじ気持ちを共有できる
誰かに、真剣に、体を張って、力づくで守ってもらえないと、癒せないのかも。

b0190930_17334350.jpg

たとえ肉親でなくても、愛情深く育てられることが、どれほど幸運で
すばらしいことか。愛をそそがれれば、自然に今度はその愛を、誰かに
無償のままにそそぐことができる、その、迷いが生じない、頼もしさは、
なかなか心をひらいてくれない恋人を、辛抱強く支える姿に、あらわれて。


b0190930_17415464.jpg

そこはもう、「めぐまれない子供を受け入れる施設」などではなく、
子供も大人も真剣勝負、自分のよわさと、他人の無理解と、反発とあきらめと、
誰もが、静かだったり激しかったり、命がけでたたかう場所、でもそれは、
本当は、すべてのひとがたどる人生、完結はありえない、明日を信じる場所。

b0190930_17341995.jpg


「いそがなくていい」、傷ついた相手をゆっくり見守ろうとするその言葉は、
きっと、自分をはげます言葉。幸福にはなれない、なれっこない、と
心根の奥深くに穿たれた絶望を、すこしずつすこしずつ、掘り起こして
捨てるための、おまじない。すぐでなくても、理解しあいたいと願う言葉。


シネプラザサントムーンにて2月

ショート・ターム 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2015-02-14 17:46 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー