<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

映画 シェフ 三ツ星フードトラック始めました

おいしそうなものがもう、たっくさんつぎつぎ登場、おもわず前のめり、
おいしいって、実際に口にいれなくても、伝わるものなんですね、きっと。
ニューオリンズの「ベニエ」、憧れのお菓子は、ただそれだけを味わうために。

b0190930_16463624.jpg

誰もが認める、腕利きのシェフ、そこへグルメで有名なブロガー食事の予告、
というところから物語は始まるのですが、ではとびっきりの新メニューで応戦、
の心意気を、保守的なオーナーに反対され、ああ雇われ人のかなしさですね、
たしかに難しい選択だし、一流職人でもマーケティングには自信なかったり。

b0190930_16465650.jpg

ちょっと私生活も問題ありそうで、誰からも愛される人気者なのにの鬱屈、
頼みの綱の仕事すら、どうやらご破算のなりゆきで、いよいよどん詰まりの
様相なのだけれど、だからこそ、開き直って挑戦できることもあるというもの、
未知の料理、未知の仕事、未知の世界、に心がひらかれてゆくきっかけに。

b0190930_16471571.jpg

キューバサンドイッチの移動販売、レストランのコースメニューとは別世界
のようだけれど、おいしさを求めて群がってくるひとたちを目の前に、
気の合う仲間、家族と、叱咤激励わらいながらの料理には、愛情が自然に
こめられて、もしや忘れかけていた原点、料理にたいせつなものが輝いて。

b0190930_16475038.jpg

そうたぶん、たとえ一流レストランであっても、多くの人がかかわれば、
それなりのしがらみ、コストやら戦略やら、守るべきものも生じてくるし、
ともかくおいしいものを誰かに食べてもらいたい、感動してもらいたい、
料理人のそんな純粋な情熱すら、行き場を失うことも、たしかにありそう。

b0190930_1648146.jpg

それならそんな面倒な職場から飛び出せば? 物語が指し示してくれる希望は、
ちょっと楽観的なおとぎ話ふうかもしれないけれど、でも、たびたび登場する
現代だからこそのツール、ツイッター、誰か専門家なんかに頼まなくたって、
自分たちで、いかに多くのひとたちに呼びかけることができるか、その可能性。

b0190930_16485421.jpg

そういえば、そもそもの話の発端も、ブログであったし「拡散」であったし、
傷ついて、追いつめられての恐ろしさも、もちろんそこにはあるけれど、
頭きりかえこっちから、利用するスタンスに立ってしまえば、あんがい無敵、
率直な、本物の、気持ちや誠意がそのままつたわってくれることも。

b0190930_16491592.jpg

一流シェフがほんとうにたいせつなもの、料理、家族、仲間、そして
自分に期待してくれる、たくさんのお客さんたちとの関係の再生、という
お話ですけれど、コンピュータ、インターネットなど、どんどん進化する
IT環境が、それをたすけてくれる、どこか提言、助言のようなおもむきも。

b0190930_16495179.jpg

いやともかく、行く先々でのおいしいものとの遭遇がたのしく、
おいしいものをとおして、いろんな人との交流やしみじみの回顧とか希望とか。
人生ってつまり、おいしいものを探し求める旅ってところなのかもですね。
今日はベニエをたべるだけ、の日もあって。

b0190930_1650919.jpg

エンドロール最後までご覧になるのをおすすめします。
料理のキモ、わかるかも。

シネプラザサントムーンにて3月

シェフ 三ツ星フードトラック始めました 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2015-03-19 16:56 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー