<   2015年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

映画 おみおくりの作法

人生のいくつかの過程で、さまざまな出会いや事件にいろどられても、
そのおわりの瞬間は、たったひとり、誰かに見守れるとはかぎらない。

b0190930_1832954.jpg

誰にも知られることなく、ひっそり亡くなっていたひとを弔うことに、
淡々と、粘り強く時間をかける、民生委員の姿は、口数すくないながらも、
丁寧な仕事ぶりには、なみなみならぬ情熱が感じられて、「調査終了」の
瞬間に、そっとはがす故人の写真の向こう側に、ドラマを見ているよう。

b0190930_1835183.jpg

きっと見知らぬ誰かのためになっていると、たぶん信じてきたのでしょうに、
誰にも評価されないまま、知らされた場所は、自分の住まいのすぐ向かい、
そこにどんな住人がいたかなんて、思いもおよばなかったのに、
足を踏み入れた部屋には、生前の暮らしぶりが、ありありと残されて。

b0190930_1841388.jpg

憑かれたように、もはや職務ともいえない熱心さで、故人の人生をさかのぼり、
彼の過去に関係したひとびとを探し、訪ねるのは、自らの人生をいつのまにか
重ねているのかも、まったくタイプのちがう人だったのに、そのやるせなさ、
せつなさの思いが押し寄せて、それを掬いとってあげたくなったのかも。

b0190930_1844393.jpg

そういえば、「調査終了」のファイルからはずした写真の故人たちは、
民生委員個人の記録に移されるのだけれど、そうしてできたアルバムは、
彼自身の過去を照らす、まるで親しい知り合いのよう、生前は知ることも
なかったひとたちを、彼は友として、いたわって慈しんで、敬愛する。

b0190930_18556.jpg

それはまさしく、「作法」なのかも、たとえひとりの簡単な食事でも、
テーブルをきちんと整え、姿勢をただして、ナイフフォークをゆっくり使う、
ささやかな時間でも、粗末にあつかわない、人生の一瞬一瞬を、愛おしみ、
あきらめず、まじめに、静かに立ち向かう、行き先のわからない一人旅。

b0190930_1853145.jpg

見返りをもとめることなく、つましく暮らしていた身が、故人の人生に
寄り添うことで、あたらしい世界がひらかれて、ちいさな大冒険、愉しみ、
希望のきれはしに、瞳は輝いて、たとえ他人にはつまらない人生にしか
見えなくても、じつは真摯に戦った彼の魂は、たくさんのひとにつながって。

b0190930_1854829.jpg

電車での大冒険、車窓の進行方向が、シャレのよう。
終始、自らの過去を語らないままの主人公が、いい感じです。

シネプラザサントムーンにて4月

おみおくりの作法 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2015-04-14 18:08 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー