<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

映画 博士と彼女のセオリー

ホーキング博士、もちろん存じ上げてはおりますが、はずかしながら、
その偉大な功績の内容ではなく、むしろ崇高なお姿ばかりが印象的で。

b0190930_1655498.jpg

類まれな才能の持ち主ゆえ、ごく普通の身体をさずからなかったということ
なのかと、勝手に推測していたのですけれど、発症されたの青年になってから
だったのですね、優秀だけれどちょっとシニカルな、物理学専攻の大学生、
友人たちとはしゃぎ、恋にもあんがい積極的、輝かしい未来が、目の前に。

b0190930_1656537.jpg

それが、不治の病、どんなすばらしい考えも、やさしい気持ちも、誰かに
伝えることのかなわなくなる、身体機能の喪失、容赦なく余命まで告げられ、
当然のことながら、一気に絶望の淵に、手が届きそうだった幸せをあきらめて、
けれど、ともに闘うと心を決めた恋人が、彼のかたくなな姿勢をくだこうと。

b0190930_16565262.jpg

愛さえあれば、病にも打ち勝てるという情熱は、たしかに本物で、だから、
周囲の心配をよそに、絆は深まり、あれよあれよというまに、家族も増え、
学会では名を挙げ、と、すべては順調のようでも、わずかな軋みが、徐々に
ひびを作って、笑顔では、努力では、どうにもならない鬱積に、さいなまれ。

b0190930_16571035.jpg

でもこれ、病とか、社会的地位とか、そういうこととは関係なくても、
夫婦って、人間関係って、時間の経過で、それぞれの経験で、社会的立場で、
うねうね変容してしまうものですよね、根っこには愛情とか信頼とかあっても、
ほんの一瞬、心に吹く風で、互いへのはたらきかけ方が、微妙に的をはずして。

b0190930_16572543.jpg

見えていたつもりだった、つかまえるつもりだった未来が、逃げてゆく気配に、
なすすべもなく、静かに苦しんだり悲しんだりする現実は、無慈悲のような
気もするけれど、そのときどきの選択、決心が、真剣に命がけで引き受けた
ものなら、絶えず炎をあげつづける星さながらに、遠い場所まで照らす輝きに。

b0190930_16574616.jpg

宇宙のなりたちから時間のはじまりは、エレガントな数式で証明されるもの
らしいのですが、何がはじまりだったか、そしてどこへむかってゆくのかに、
かかわらず、いまというたしかな時間を、最良のかたちでとらえることこそ、
ありのままの生を昇華させる、どの時間を切り取っても、美しくすることに。

b0190930_1658414.jpg

時間て、なんとなく、過去から未来へ一直線に向かっているだけのように
感じてしまっているけれど、ほんとうは、どっちが先で後だとか、便宜的な
ものでしかなく、じつは混沌、宇宙が爆発して虚無になるまでの、輝きの
色合いでしかないのかもと、映画のラストの、ワンカット、ワンカットに。

b0190930_16581858.jpg

とてつもなく大きなちからで、計算され尽くされた宇宙の旋律が、
ひとりひとりの、ささやかな、けれど精一杯のちからで奏でられる
シンフォニーの、いじらしさが。

シネプラザサントムーンにて5月

博士と彼女のセオリー 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2015-05-17 17:01 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

輝いていた過去に追いかけられるのって、かなしくさびしい気分ですよね。
いまのほうが、ずっともっと充実してる、進化してるって言い張りたくて。
落ちぶれぎみの俳優が、じたばた、起死回生もくろむ、物語。

b0190930_3434525.jpg

かつてのスーパーヒーロー、もてはやされて、憧れられて、とはいっても、
ヒット映画でのお話、作り物だったわけだけれど、そんなのわかっていても、
主役はってた俳優も、誰もが知るスーパースター、だから虚実あいまいに、
賞讃していた側も、されていた側も、その血湧き肉踊る世界から抜け出せない。

b0190930_344478.jpg

時の経過は残酷、夢もいつかは醒めてしまう、けれど負けずに、まがいものの
おとぎ話とはサヨナラ、これからは本物のリアルな、奥深い文学的な世界を
演じることで、複雑で知的な舞台役者として名を馳せよう、その気持ち、
わかる気がします、悔しいものね、若くて愚かだった過去ばかり語られるのは。

b0190930_3442582.jpg

でも、自分で考え、行動して、まわりとの関係を構築してゆくのって、
すごく大変、円熟した大人になるって、そういうことだと思うのだけれど、
年齢を重ねれば、いろいろなしがらみもでてくるし、守るべきものもあるし、
スーパーヒーロー物語みたいに、単純な構成にはなっていない。

b0190930_3444090.jpg

はいあがりたい、と渇望するのは、自分だけではなくて、誰でもおなじ、
少しでも認められたい、たがいの自己顕示欲のバトルは、ショービジネスの
世界では熾烈なんでしょうね、映画、演劇の世界を、おもしろおかしく、
ときに皮肉たっぷりに、この映画じたいが、自虐的に、批評しているようで。

b0190930_3445655.jpg

そう、これ、この映画そのものが、配役だって技ありの、遊びっぷり。
実際にバットマン演じてた俳優が、バードマンでスターだった役を、
からだじゅう、せつなさいっぱい、みなぎらせて演じ、いきなり宙を舞い、
敢然と敵にむかってゆく勇ましさは、ヒーローそのもののイカれっぷり。

b0190930_3451475.jpg

ともかく楽しいんです、突如ありえない敵があらわれて、それを
ありえない力でやっつけて、て、映像で見せられると、思わずワクワク、
こむずかしいセリフの舞台劇で、人間の業みたいなのを語られるのと、
派手なアクションで、英雄のかっこよさ映されるのと、どちらも面白く。

b0190930_3454580.jpg

映画で、舞台で、演劇で、描くことのできるものの、振れ幅のゆたかさ、
人間のなさけなさ、かわいらしさ、せつなさ、というのが、 どこかしら
あたたかなまなざしを介して、つたわってもくるようで、深刻に愛を
語る世界も、能天気にバケモノをやっつける世界も、共存可能な懐の深さ。

b0190930_3461014.jpg

くたびれきったオッサンが、一瞬で、無敵のヒーローに、の場面は圧巻、
さまざまな世界観がリンクしてゆくカメラワークが、すばらしいです。
ヒーローの存在を信じたい気持ちを、後押ししてくれるようでもあって。
オスカー受賞は、映画への愛も手伝っているのかも。

シネプラザサントムーンにて4月

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2015-05-02 03:55 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー