<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

映画 天使にショパンの歌声を

雪景色にたたずむ寄宿学校は、つましくうるわしく、制服姿の少女たちの、

規律正しい暮らしぶりは、清々しくも、ささやかな屈託の気配が、微笑ましく。


b0190930_22421523.jpg

ここちよい響きの、フランス語で描かれる物語の舞台は、カナダのケベック州、

簡素な間仕切りだけの、それぞれの部屋で就寝する女学生たちと、

彼女たちを導くシスターたちは、授業も食事も余暇の時間も、ともに集い、

音楽によりそいながら、穏やかな日々、ところへ、ちいさな波とおおきな波が。

b0190930_22461374.jpg


校長のオーギュスティーヌの姪が、いかにも問題児の風貌でさっそう登場、

なにやら事情があるふうに母親から押し付けられて、入校してくるのですが、

プチ不良の雰囲気まといながらも、つい聞き惚れてしまうピアノの腕前、

音楽って、奏でるのも聞き入るのも、きっとみな、心の惑いを慰めたいから。

b0190930_22482743.jpg


一日中、学校の規律にしばられて、自由のない生活を、なぜ年頃の少女たちが、

と疑問に感じなくはないけれど、彼女たちのコーラスのうつくしさ、それぞれ、

一心に、おおきくまるく開いた口、かしげる首を、見ていると、かすかな憂い、

人知れぬ災いから、救われたい願いが、そこに垣間見えるようにも。

b0190930_22494330.jpg


けれど、たとえ切実な願いがあったとしても、理解されない現実もせまって、

組織による運営には、採算の問題が、音楽って芸術ってつねにそこでは弱者、

どんな実績や理想も、利潤追求のまえでは無力、うつくしい調べで訴えても、

識者たちの応援をとりつけても、価値観のちがいを乗りこえるのは。

b0190930_22502762.jpg


表面的に物語をなぞると、敬虔な音楽学校の教師と学生たちが、

時代の変化に立ちはだかれて、か弱いながらも、精いっぱい力を合わせて、

闘う美談のようだけれど、そうせずにはいられない、ひとりひとりの人生、

その背景、静かな暮らしに安寧を求めてきた心情が、控えめに漂って。

b0190930_22505113.jpg


気配を感じさせながらも、具体的には語られない、彼女たちの来し方。

うつくしい楽曲を、丁寧に、祈るように大切に、歌い、奏でる暮らしに、

どうか、幸運が授かりますように、微笑みが、いつでも絶えませんように。

いくつもの名曲を堪能しているうちに、こちらもいつしか信心のような。

b0190930_22511153.jpg


ところで、白銀のなかの少女たちの私服姿が、とってもキュート。

きれいな色の帽子やコートが、かわいくて、じっと見つめてしまう。

b0190930_22513763.jpg


シネプラザサントムーンにて2月


天使にショパンの歌声を 公式サイト


[PR]

by habits-beignets | 2017-02-26 22:55 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー