人気ブログランキング |

映画 ソウル・キッチン

なにか、おいしいものが、無性に食べたいのだけれど、
それが何なのかわからない……。そんなときは、こんな映画?!
ドイツの雰囲気あじわえる、大衆食堂ものがたり。

映画 ソウル・キッチン_b0209183_2148798.jpg

冒頭は、なにやら胡散くさい雰囲気ぷんぷんなんですけれど。
あまり上等とはいえなさそうな、キッチンとメニュー。
でも、常連のような客たちの反応はまずまずで、雑多な料理の数々も、
どこか懐かしい感じで、素朴でおいしそう。

映画 ソウル・キッチン_b0209183_21485567.jpg

ところが、恋人が遠地へ去ったり、わけありの兄が登場したりと、
さまざまな問題がたてつづけに起こって、オーナーのジノスは、
いつのまにやら八方塞がり、挙げ句に腰痛に苛まれて厨房に立てず、
偶然見知った腕利きのシェフを雇うものの、そう簡単にはうまくいかず。

映画 ソウル・キッチン_b0209183_21493999.jpg

とはいえ、空回りしていそうだった状況も、情熱のなさるわざか、
運が味方をしてくれたのか、うまい調子に動き出して、でも思わぬ
落とし穴があったりと、七転八倒の連続なのだけれど、レストランが
舞台だと、それがなんとも、リズミカルで楽しげで、深刻でも暗くなくて。

映画 ソウル・キッチン_b0209183_21504063.jpg

ドイツのハンブルクが舞台なのだけれど、あまり異国という気がしない。
ちょっと大きめの日本の大衆食堂のようで、親しみを覚えるたたずまい。
廃品の寄せ集めのテーブルと椅子みたいでも、妙に居心地がよさそう。
オーナーが手作りした、と語る、なるほど、魂のキッチンなわけね。

映画 ソウル・キッチン_b0209183_21512314.jpg

ともかく、おいしいものを作る男は文句なくかっこよくて、
おいしいものに群がるひとびとは、文句なくいとおしくて、
料理を中心につどう場所は、ささやかな幸福感に満ちていて、
きっと、なくなってはいけないところなんでしょう、誰にとっても。

映画 ソウル・キッチン_b0209183_2152387.jpg

主人公を演じたのは、実際にレストランをやってるオーナーだとか。
俳優として、まったく遜色なかったのですけれど、というか充分魅力的。
ウド・キアーが、またしてもちょい出演ながらの存在感、怪優ぶり。

ハリウッド映画とはちがう、ヨーロッパのおしゃれな感じがよいし。
レストラン映画って好きなんです、理屈なく活気があって。
旧作だけど、『ディナーラッシュ』も、面白いです、おすすめ。

シネプラザサントムーンにて、8月

ソウル・キッチン 公式サイト

by habits-beignets | 2011-08-09 21:58 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< 映画 ツリー・オブ・ライフ 映画 大鹿村騒動記 >>