映画 僕達急行 A列車で行こう

はい、春になりましたよ! 寒い冬もようやく終わってくれますよ!
からだが軽くなって、どこかに行きたくなりますね。
というわけで、かわいい男の子たちと、電車でどこかに行ったつもりに。

b0209183_2522857.jpg

鉄道好きの男の子たちが、偶然の再会を果たして、という物語の始まり
なのだけれど、一言で鉄道好き、といっても、さまざまな楽しみ方があって、
お互いのそれを尊重して、という一歩ひいた感じのつきあいかたが、
微笑ましく、けれど少しせつなく、厳しいオトナの覚悟もちょっぴり。

b0209183_253121.jpg

小さな鉄工場社長の息子のコダマくんが、電車のなかのあらゆる場所を、
いとおしそうに触れるところが、ちょっと漫画チックではあるのだけれど、
技術者のはしくれとしては、当然のところであるのかも、というリアリティ。
目の輝きが、こちらの気持ちにまで、幸福感を届けてくれます。

b0209183_2533642.jpg

サラリーマンのコマチくんは、九州転勤になっても、長旅にでも出るような
楽しげで軽やかなリアクションで、赴任先でも、電車が見られればなあ、
と、マイペースマイライフを、少しもくずさない。自分の価値観があるって、
どこに行っても、軸がぶれずに、強くいられるってことなのかもしれません。

b0209183_2541847.jpg

恋とか、仕事とか、それなりの事件や挫折、紆余曲折が、ガタンゴトン、
ゆらり揺られながらの、ゆる〜いスピードで描かれて、とりあえずは
ハッピーぽくはあるのだけれど、これでよかったという決着に行きつくまで
には至らないで、冴えないままの暮らしぶり。でも、この安定感はなに?

b0209183_2544450.jpg

何があっても、大丈夫、という、妙な自信というか開き直りというか、
それは、何かを信じる気持ちが揺るがないから、なんでしょうか。
汚れなく、無私の気持ちで、愛することのできる対象物がある以上は、
損得抜きのつきあいを、他人と育むことができるということの、自信?

b0209183_2552368.jpg

女子との恋愛は、ダメダメで、けれど、ショックを受けたところで、
それで自分を嫌悪するほどの、深刻さはまったくなく、自分の世界を
もってるからこその、強みなんでしょうけど、も少し懲りたら?

b0209183_256463.jpg

海、川、山、畑、美しい色合いの、いろんな場所を、電車はまっすぐ、
レールを敷かれたとおりに、律儀に走る、生真面目な男の子みたいに。
唐突なギャグがもりこまれたりの、サービス精神もある映画なんですが、
御茶目な男の子の、置きみやげ、みたいな作品であるのかもです。

ところで、じつは私の部屋からも、東海道線がバッチリ! 新幹線も
富士山背景によく見えます。かわいい男の子たち、招んであげたい……


シネプラザサントムーンにて、3月

僕達急行 A列車で行こう 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2012-04-02 00:31 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< 映画 アーティスト 映画 ものすごくうるさくて、あ... >>