人気ブログランキング |

映画 アーティスト

ムダ削減、仕分けがトレンドの世の中ですわよ、奥サマ。
色とか、言葉とか、ほんとうに必要なのか、考えたことおありですか?
なくなったら、寂しいって、つまらないに決まってるって、思ってません?
大丈夫! つまらなくないから! 大切なことに気づくことができるから!
と、おもわず力説したくなる、快作登場、オスカーも、太鼓判ポン! です。

映画 アーティスト_b0209183_17533577.jpg

お話は、映画がサイレントから、トーキーへ移る時代の、その変化に抵抗する
かつてのスターと、その変化の波にうまく乗って活躍する女優の、触れ合い。
恋であったり、葛藤であったり、お互いを思う気持ちは、つねにあるのに、
意思の疎通が、うまくできない、もどかしさ、それが、モノクロサイレントの
世界によって、いっそう切なく、いじらしく、ひろがりを持って、描かれます。

映画 アーティスト_b0209183_17541474.jpg

情熱とか、恋い慕う気持ちとか、たぶん言葉では、ぜんぜん伝えられない。
ほんとうのことを知りたいとおもったら、じっと目を見たり仕草を観察したり、
それでもまだ、知ることができなくて、もどかしさに気が狂いそうになって、
誰にも知られずこっそり、スクリーンのなかの相手を見つめたり、ひそかに
助ける方法を探したり、あれやこれやの行動がすべて、愛。言葉はなくても。

映画 アーティスト_b0209183_17543699.jpg

もしかしたら、言葉や色があふれてしまうことで、たいせつなこと、
ほんのちょっとの喜びや陰りを、見過ごしてしまっているのかもしれません。
言葉や色は、もちろん多くのことを伝えることができるだろうけれど、
同時に、嘘や、ごまかしのためにも、利用されやすいから。
わずかなヒントから、その奥に潜むものを見つける想像力の、素晴らしさ。

映画 アーティスト_b0209183_1755874.jpg

台詞がないことで、集中して映像を観ることができて、あらたな発見に、
よろこびを感じることが、できるんではないかとおもいます。まったく音が
ないかというと、そういうわけではなく、すてきな音楽はひっきりなし
だし、ときおり、いたずらみたいに、音が鳴るし、色のない分、光がつくる
陰影があざやかで、そして言葉がない分、犬の訴えも、ひとの訴えと同じに。

映画 アーティスト_b0209183_17552981.jpg

技術の進歩で、音や色の再生が可能になったことで、浮かれて、それらを
使いまくって、今度は立体的に、と、新しい技術に頼っての表現方法ばかり
に目が向けられているようだけれど、そうではなく、すでにある技術でも、
工夫次第、とらえ方次第で、いくらでもあらたな発見ができる作品を生む
ことができるのだと勇気づけられる、素敵な、映画なんです。ご覧あれ!


シネプラザサントムーンにて、4月

アーティスト 公式サイト

by habits-beignets | 2012-04-15 03:11 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< 映画 おとなのけんか 映画 僕達急行 A列車で行こう >>