人気ブログランキング |

映画 東ベルリンから来た女

ベルリンの壁崩壊以前の東ドイツで、思想や発言の自由が奪われていることの
圧迫感と恐怖は、これまでにもたびたび映画で観てきたけれど、今回ちょっと
ちがう印象、というのは、体制への反抗がテーマではなくもっと身近ななにか。

映画 東ベルリンから来た女_b0209183_6294074.jpg

自由と豊かさに惹かれて西側へ行こうとしたけれど、政府に拒絶された女医が、
田舎の病院へと左遷されてきたところから、物語ははじまるのだけれど、
このヒロイン、お医者さんなのに煙草スパスパ、無愛想でぶっきらぼう、
あえて周りと壁をつくって、なのに、一転、患者への対応のやさしさったら。

映画 東ベルリンから来た女_b0209183_6302751.jpg

病院のひとたちは、みな優しそうだし、木々が風にあおられる風景ものどか、
たしかに裕福そうなひとは皆無で、華やかさはないけれど、それほど不自由な
生活にもみえなくて、でもときおり、かいま見られる不気味さ、人民警察、
少女をむりやり押さえつける、容赦ない態度など、女医のやりきれない表情。

映画 東ベルリンから来た女_b0209183_6304919.jpg

そしてぱっと、西側の人間がでてくると、如実にわかる、東側のまずしさ、
欲しいものを手に入れることが、むずかしい世界での、物足りなさ、それに
慣らされるように、うえから押さえつけられる、屈辱感。いつも仏頂面の
ヒロインが、つかのま恋人と会えたときの、弾ける笑顔こそ、西側への希望。

映画 東ベルリンから来た女_b0209183_6312479.jpg

それでも、そんな窮屈な世界でも、与えられた使命をまっとうすることに、
誠実なひとたちはやっぱりいて、可能な限りの設備をととのえ、休みも返上で
患者のために、わが身をけずって尽くす同僚の医者の姿に、それまでただ
ひたすら、西側での生活を夢見ていた、ヒロインのこころに、揺らぎが。

映画 東ベルリンから来た女_b0209183_631551.jpg

自らの手足をしばるような体制は、やはり、憎むべきものかもしれないけれど、
いま目の前で苦しんでいる誰かが、自分のちからを求めていると、知ったとき、
いまいる場所で、自分にできることが、たしかにあると、思い知らされたとき、
なにか、啓示みたいなものが、おりてくる瞬間が、ありそうな、そんな気が。

映画 東ベルリンから来た女_b0209183_6313914.jpg

旧東ドイツ、これまで、なんとなく、暗くて陰険なイメージで描かれていた
ような気がするのですが、東欧のつつましくて、きよらかなかんじが、風景に
映っていて、薄やみの海の荘厳さ、林道をぬける自転車のかろやかさ、それから
ファッション! 膝丈のワンピースとカーディガン、欲しい! 手提げ籠も!

映画 東ベルリンから来た女_b0209183_630861.jpg

さらに、診察のお礼にいただいた、ズッキーニ、トマト、それでラタトゥイユを
つくろうとする、ちいさなキッチンの、いかにも東欧チックなかわいい調度品。

素朴なうつくしさと、身近に存在する使命感の尊さ、じわり響く作品でした。

ジョイランドシネマ沼津にて、5月

東ベルリンから来た女 公式サイト

by habits-beignets | 2013-05-28 06:50 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< 映画 ふたりのイームズ:建築家... 映画 拝啓、愛しています >>