人気ブログランキング | 話題のタグを見る

映画 世界が食べられなくなる日

子孫をのこせない種、F1種。種とりできないので、くりかえし種をよそから
買わなければなりません、どこから? モンサントという会社から、そこは
農薬も販売していて、農薬にまけない種とセットで販売。それが世界を席巻。

映画 世界が食べられなくなる日_b0209183_1627519.jpg

『モンサントの不自然な食べもの』という映画で、そのおそろしい構造が
伝えられたわけですが、その続編ともいえる本作、モンサント社が安全だと
主張する遺伝子組み換え種が、じっさいどんな影響を生物にあたえるか、
長期間にわたって実験する過程を、うつしだしてくれます。

映画 世界が食べられなくなる日_b0209183_16283360.jpg

ところが驚いたことに、その実験じたい許されないなんて訴えられて、
いかにもあやしいではありませんか、第三者の検証を排除するなんて、
もちろん実験は、細心の注意をはらって、おこなわれるわけですが、
実験台のラットが気の毒になるほどの、おぞましい結末が、グラフに。

映画 世界が食べられなくなる日_b0209183_16285193.jpg

たしかにひとは、農薬や遺伝子組み換え種の作物そのものを、直接口にする
わけではないので、実験のおそろしさが、そのまま当てはまるわけではない
のでしょうけれど、それを餌として体内にとりこんだ家畜など、間接的には
つながっている現実、というか食料となるものを汚染してしまうなんて??

映画 世界が食べられなくなる日_b0209183_16291033.jpg

いっぽう、時期をおなじくして起きてしまった、福島の原発事故。
映し出された津波の被災地の、おそろしさ、でも、一見したところでは、
まだまだ美しい自然がのこされているようなのに、じつはかなりの放射能に
侵されていて、なのに故郷を捨てることができないで、暮らすひとたち。

映画 世界が食べられなくなる日_b0209183_16292878.jpg

ただ平穏に日々の糧を得ることに、幸福をみいだしていたひとたちの、原発
への憤り、国の事故にあたっての対応の、いいかげんさ、誠実とはおもえない
その場しのぎのような、基準値の設定、もはやあきらめてしまったかのような、
モルモット発言、だって逃げるったって、世界はみんなつながってるんでしょ。

映画 世界が食べられなくなる日_b0209183_16294611.jpg

もう引き返せないんだろうか、映画をみていると、こちらもちょっと諦め気分、
それでも、世界規模で、方向転換をこころみるうごきはあるようで、セネガルの
自然と共存する農法。大国での豚をただのモノとしかあつかわない、やり方と
くらべると、どんなに気持ちがなごむことか。

映画 世界が食べられなくなる日_b0209183_1630161.jpg

ともかく、自然のながれに逆らうようなやり方では、どこかにしわよせが
くるにちがいなく、遺伝子組み換えも放射能も、ひとの健康との因果関係は
はっきり証明されないかもしれないけれど、あやしいならやめましょうよ、
証明されてからでは遅いんだから、そう単純に、願ってしまうのですけれど。

映画 世界が食べられなくなる日_b0209183_1630244.jpg

重いテーマが語られるなか、異国と日本でひびきあう太鼓の音、大気は
つながっている、世界はつながっている、輸入大豆をあつかう港湾従事者
までもが、健康におかされているかもなんて、放射能基準値はるか超えの
土地で、ふつうに暮らしてしまうひとたちの、諦念のようなものが、衝撃的。

ジョイランドシネマ沼津にて、7月

世界が食べられなくなる日 公式サイト

by habits-beignets | 2013-07-30 17:11 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< 映画 スタンリーのお弁当箱 映画 私が靴を愛するワケ >>