映画 めぐり逢わせのお弁当

インド映画といえば、歌って踊ってキラキラまばゆい、が定番ぽいですけど、
ちょっと意外な、そこでの暮らしぶりが如実につたわってくる、しっとり作品。

b0190930_13531493.jpg

インドのムンバイのお弁当事情は、日本ではちょっと想像つかないシステム、
奥さんがつくったお弁当を、プロの配達屋さんが、旦那さんの職場に届ける、
それが絶対にまちがわない、というのが評判らしいんですが、ごくごくまれに、
まちがうことも、それで、見知らぬひとの机の上に、苦心作のお弁当が。

b0190930_13533988.jpg

旦那さんと気持ちをかよわせたい、その一心でお弁当に四苦八苦の若奥さん、
上の階のおばさんからは、窓の外に調味料が、主婦たちの素朴な日常から、
まるで通勤ラッシュの、ガタガタ揺すられ運ばれるたくさんのお弁当が
行き着く先は、整然と並んだ何列ものデスク、どこか寂しげに働くおじさん。

b0190930_1354055.jpg

思いがけなく誰かの手料理をたべてしまったら、けっこうドキッとするのでは、
こしらえた側も、自分の愛の証を、まったくの他人に呑み込まれたかんじでは、
でも、ぺろっと残さず受け入れられたら、素直に救われた心持ちになるのかも、
誰かが、自分を認めてくれる、自分は誰かとつながっている、その実感。

b0190930_13541698.jpg

仕方なくの説明、挨拶から、お弁当箱は手紙を運ぶ小包めいて、円筒型の金属の
積み木みたいな、お弁当、お昼じかんを待ちきれない、挙動不審なおじさんの、
少年のような戸惑い、ときめき、閉ざされていた心の扉が、いつのまにか、
ひらかれて、ほどけてゆく表情の目に映るのは、ほのかに差し込んできた光。

b0190930_1354416.jpg

まちがっているとわかっていても、食べているのが夫ではないと知っていても、
気に入ってもらおうと、満足してもらおうと、お弁当を作りつづける奥さんは、
人知れず抱えている悲しみ、せつなさを、吐露する相手がきっと欲しくて、
やっと見つけた命綱だったのかもしれなくて、だからまちがいを修正できない。

b0190930_13545836.jpg

でも、何がまちがっていて、何が正しいのか、きっと誰もわからない、
というかたぶん、まちがいとか正しいとか、ほんとうは、そんなものはなく、
幸福を求めることを諦めないことが、どんな状況でもたいせつなのかも、
夫が冷淡だったり、家族を亡くしたり、病だったり、天涯孤独だったりでも。

b0190930_13551466.jpg

ところでインド、経済発展の影で、なにか損なわれてしまうものもありそうな、
デスクワークはちょっと不思議に旧式で、スマホの時代に奇妙な新旧混在、
それにしても、驚くべき正確さを誇るお弁当配達システムの発祥は19世紀末、
コンピュータも舌を巻く完璧さらしいんですが、ブレない精神のなせる技?

b0190930_13553553.jpg

そして物語はどこまでもたぶん続いてく、映画が終わっても人生は終わらない。

シネプラザサントムーンにて10月

めぐり逢わせのお弁当 公式サイト
[PR]

by habits-beignets | 2014-10-31 13:58 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< 映画 イヴ・サンローラン 映画 フランシス・ハ >>