人気ブログランキング |

映画 ブリット=マリーの幸せなひとりだち

63歳、主婦、日々くり返される、自分なりの暮らしの秩序がよりどころ。

とくべつな楽しみなどなくても、それで十分だと思っていたのに、不意に、地道に築きあげてきた暮らし方に、別れを告げることになって。



物語の主人公は、専業主婦歴40年の、ブリット=マリー。

夫はビジネス、自分は家事、そう割りきって、生活を整えるルーティンこそが、人生のすべてとばかりの、きちんと主婦さん。

彼女の必需品は、花柄の小さなメモ帳、そこには次々、やるべきことリストが律義に書き込まれて。


映画 ブリット=マリーの幸せなひとりだち_b0190930_12475616.jpg


けれど、そんな平穏な暮らしをぶち壊す事件がとつぜんに。

呼びだされて駆けつけた病院で、思いがけない場面に遭遇して。

とはいえ、さすが主婦歴40年の彼女、けっこうな貫禄。

ひどい現実をつきつけられても、もしや、そう、たぶん、心の片隅では、恐れていたり、覚悟していたのかも。

映画 ブリット=マリーの幸せなひとりだち_b0190930_12503416.jpg


というのは、さっそう鮮やかな身の振り方だから。

あれほど大切に、育んできた家庭生活を捨て去って、なんのツテもないのに、すぐさま職を探す行動力。

大胆なのか、やけっぱちなのか、亭主がサッカー好きだったというだけの縁で??ろくに知りもしないサッカーのコーチまでやってしまおうと、まるで未知の世界、名前も知らない田舎の町に、ひとり挑戦の旅へ。

映画 ブリット=マリーの幸せなひとりだち_b0190930_12511818.jpg


ところが、旅はきらい、と、執拗に家庭に引きこもっていたわりには、思いのほか、誰かれとも、フラットに物怖じせずに、うち解けてゆくような気配が。

これまで住んでいた世界とはまったく違う、文明がとどかない貧しい田舎町で、サッカーしか頭にない、やんちゃな子供たち相手に、戸惑いながら、四苦八苦しながらも、理解しようと努力して。

映画 ブリット=マリーの幸せなひとりだち_b0190930_12515651.jpg


本領発揮、という感じなんでしょうね。

じつは、これまでずっと、欝屈し続けていたという。

けっして夢なんて持たない、日々、現実を受け入れてこなすことこそが、あるべき人生なんだと、たぶん、強く思い込もうとしていて。

幼い頃の、美しいお姉さんとの思い出が、たびたび、語られるのですけれど、キラキラした少女時代に、自ら、悲痛な覚悟で、別れを告げたのかも。

映画 ブリット=マリーの幸せなひとりだち_b0190930_12525424.jpg


でも、単純な日々の暮らしを、絶えず清潔に、整頓しつづけるには、実際かなりな忍耐が必要だったはず。

そのささやかで静かな努力こそが、きっと今、彼女が、弱小サッカーチームを動かす原動力となって花開くことに。

つたなくても、諦めない努力は、子供だけでなく、まわりの大人たちをも温かな気持ちにさせるようで。

少しずつでも、気持ちがぶつかりあえば、奇跡を呼ぶ化学反応もいつか起こることに。

映画 ブリット=マリーの幸せなひとりだち_b0190930_12532371.jpg


物語の序盤、チームの女の子と、外壁の落書きを落とすシーンがあるのですが、そこでの、「落書き」と「サイン」のちがいの会話から、この女の子の只者ではない感じが、際立って。

「サインは、存在の証」。

終盤でも、女の子はとても大切なことを話してくれます、まだ、終わってない。

案外、ものごとを純粋に理論的にとらえているのは、くたびれた大人よりも子供の方であるのかも。

映画 ブリット=マリーの幸せなひとりだち_b0190930_12543408.jpg


示唆的な会話は、物語のはしばし、いたるとことに。

結末ちかく、車のなかで、ブリット=マリーが告げる内容が、わかりすぎて。

黙々と、円滑な暮らしのために、心身を捧げている者の、ささやかな願い。

家事をこなしつづける人たちは、たぶん皆おなじ気持ちなのでは。

誰かに家事をまかせている人には、ぜひ、聞いてほしい彼女の主張が。

映画 ブリット=マリーの幸せなひとりだち_b0190930_12552062.jpg


最初は、とんだトラブルで、長年、自分が大切にしてきた生活を捨てざるをえなくなった悲劇のようでもあったけれど、ピンチはチャンス、過去に決別した勇気を得たからこそ、本来持ち合わせていた能力を、ようやく見つけることができたみたいで。

そして、自分の本質も知ることに。

本当は、何がしたいのか、何をしてほしいのか、まっすぐ、誰にでも言える心意気を取り戻して。

映画 ブリット=マリーの幸せなひとりだち_b0190930_12560393.jpg


叩きのめされた、と思っても、諦めないで、一日、一日、自分を励まし、大切に暮らす気持ちを捨てなければ、自分にとって本当に大切なものを思い出し、あるいは、見つけて、いつのまにか、大逆転、てことは、意外にあるのかもしれません。

たった1点しか得点できなくても、それが自分には掛け替えのない勝利であったり。

私はここにいて、やれるのだ、やったのだ。

映画 ブリット=マリーの幸せなひとりだち_b0190930_12562422.jpg


原作は「ブリット=マリーはここにいた」、スウェーデンのベストセラー小説とのこと。

スウェーデン、都会も田舎も、なんとなくオシャレ。

映画 ブリット=マリーの幸せなひとりだち_b0190930_13345520.jpg


シネプラザサントムーンにて9月


ブリット=マリーの幸せなひとりだち 公式サイト


by habits-beignets | 2020-09-04 13:12 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

<< 映画 ある画家の数奇な運命 映画 ストーリー・オブ・マイラ... >>