人気ブログランキング |

カテゴリ:シネマのこと( 104 )

『マッピー』用ボーダー

映画 92歳のパリジェンヌ

すでに、いくらかありふれた感さえある、テーマとなってしまいましたが、
実話がもとになっているんですね、フランス元首相の母親がじっさいに。

映画 92歳のパリジェンヌ_b0190930_22194019.jpg

92歳となってもハツラツ、家族みんなで誕生日を祝う会を開いてくれて、
これぞ、絵に描いたような幸福と映るのに、その席での衝撃の宣言が波紋を、
そりゃ当然でしょうね、これからもどうか元気に、と祝福する集まりに、
あえて水をさすかのような、どころか、悪意さえ汲みとれそうな、決定通告。

映画 92歳のパリジェンヌ_b0190930_2220792.jpg

本気とは思えない、うつ病なのでは、疑いたくなるのも、無理もなさそう、
端からみれば、多少の衰えはあるにしても、充分まだ元気、身ぎれいだし、
家政婦に助けてもらってはいるけれど、きちんと暮らしは成り立っていて、
生きるのが苦痛になっているとは、信じられない、むしろそれは我が儘では。

映画 92歳のパリジェンヌ_b0190930_22212230.jpg

それでも、揺らぐ気配のない老母の決意に、反発するより寄り添うことで、
彼女の真意、願いを理解しようと、戸惑い、ためらい、うなされる娘が、
幼い頃と変わらず、母を求めすがりたい気持ちを捨てられない自分と、
もはや、頼られるほどの力を保てなくなっている母との関係に、立ち向かい。

映画 92歳のパリジェンヌ_b0190930_2221186.jpg

老いの不安って、当人にしかわからない、繊細なところが、あるのかも、
認めたくはないけれど認めざるをえない、その悲しい進行は、恐ろしく、
誰かに打ち明けるのも、はばかられて、けれど、逃れられないと諦めたら、
いっそ潔く受け入れて、あえてクールに対処することでこそ、打ち勝てて。

映画 92歳のパリジェンヌ_b0190930_22203473.jpg

生きるって、自分の意志を実行できること、そんなふうに過ごしてきた母を、
ずっと身近に感じてきたことを思い起こせば、別れのつらさを耐えてでも、
彼女の希望を受け入れたい、彼女の姿勢を理解したい、絶えず逡巡しつつも、
悔いのない人生をたすけたい、いつか訪れるそのときなら、むしろ自由に。

映画 92歳のパリジェンヌ_b0190930_22214716.jpg

けれど、揺れるし苦しいですよね、娘も息子も孫も、それぞれの立場で、
愛情が深いのはおなじでも、向き合い方はちがって、どれが正しくて、
どれが間違っているとは、確かではないまま、誰もが、自分の気持ちが、
置いていかれるような、不安と苛立たしさに、我を失いそうになって。

映画 92歳のパリジェンヌ_b0190930_22221064.jpg

本来は、自然にまかせて人生をまっとうするべきなのでは、と思うけれど、
発展した医学をまえに、なにが自然なのかも曖昧になってしまったような、
ここまで差し迫った決断が必要になるなんて、せつない、せつない。
ところで、娘と息子では、母への感じ方ってこんなふうに違うのかもですね。

シネプラザサントムーンにて12月

92歳のパリジェンヌ 公式サイト

by habits-beignets | 2016-12-18 22:31 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 惑う After the Rain

身近な場所が映画の舞台、という興味が先に立っての鑑賞でしたが、
お話が、いくらか綺麗すぎる気はしたものの、観た後しみじみの心地よさが。

映画 惑う After the Rain_b0190930_1056397.jpg

文学小説のような章立てで、つましく暮らす家族の歴史が、語られるのですが、
最初は、いくらかありふれた、多少のほころびはあるものの、互いに寄り添い、
日々の暮らしを大切にいとなむ、一家の日常が映し出される印象だったのが、
時空を飛びながら、父親、母親、長女、次女、それぞれの覚悟の物語が。

映画 惑う After the Rain_b0190930_1056471.jpg

親が子の一瞬一瞬をも慈しみ、その成長を、絶えず捉えようとまなざしを向け、
やがて大人になったわが子を手放すまでの、当たり前な印象の家族のあり方が、
ささやかな努力の積み重ねで、奇跡のように紡がれている事実が、かげりなく、
まっすぐに訴えられて、あらためて、家族って不思議な世界、拠り所の曖昧さ。

映画 惑う After the Rain_b0190930_10571251.jpg

思いのかけちがいがあっても、考えの不一致に苛立っても、突き放せないで、
あきらめきれずに、わかりあいたくて受け入れるけなげさが、家族なのかも、
傷ついたり絶望しそうになっても、安心して帰れる場所が、誰しも必要で、
それはだから、生涯かけても手に入れたいと、どこか本能で感じているのかも。

映画 惑う After the Rain_b0190930_10575033.jpg

昭和の初期から55年まで、旧い料亭や私塾、庭の佇まいが、そこで暮らす
ひとびとの、自らの行く末を案じながらも、ささやかな希望を胸に抱いて、
せいいっぱい力をつくす気丈さを、静かに励ましているように温かく映って、
祭りの鐘、豆腐屋の笛、雨の音、誰かの励ましが、人知れず届いてくるよう。

映画 惑う After the Rain_b0190930_10581641.jpg

婚礼の光景など、いまはお目にかかれない和やかさ艶やかさ、遠い昔を語る、
懐古趣味っぽくもあるけれど、いまものこる、旧いお屋敷の気配からうまれた、
物語が、長年にわたる壮大な歴史を映画に語らせた力強さが、大団円とともに、
そこにあるだけの、風景が、過去の物語をはらんでいることを伝えてくれて。

映画 惑う After the Rain_b0190930_10583413.jpg

いまでもしじゅう通りかかる町並みが、30年以上前の風景として映るって、
なんか妙ですけれど、たしかにあんまり変わってなかったり、というか、
むしろ昔っぽく整備してたりするのかも、ロケ地の価値とか、考えてる?

映画 惑う After the Rain_b0190930_10585253.jpg

正直、セリフとかちょっとわかりやすすぎる物足りなさを感じたのですけれど、
おとぎ話ふうの平易さは、書割りっぽい舞台に相応しかったかもしれなくて。

シネプラザサントムーンにて11月

惑う After the Rain 公式サイト

by habits-beignets | 2016-12-03 11:01 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

ローマの休日、名作ですよね。むろん、オードリー・ヘプバーンの魅力全開
なわけなんですけれど、あのシンプルで奥深い脚本もすばらしく、なのに、
誰が書いたのかって、あまり注意してなかったり、こんなドラマがあったとは。

映画 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男_b0190930_23495362.jpg

まだ記憶の隅に残ってる、東西冷戦、けれどこれほど過酷な現状だったなんて、
しかもクリエイティブな業界のはずなのに、個人の思想や発言が、つぶさに
検閲されて、というか弾圧さながら、優れた脚本家のダルトン・トランボにも
追及の手はゆるめられず、体制に反発すれば、ソッコー刑務所の理不尽さ。

映画 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男_b0190930_23501811.jpg

思想が罪とされるなんて、まったく信じられないおそろしさなんですけれど、
どうやらそこには、たくさんの血がながれた戦争の残像、仮想敵国への憎悪が
反映された、激しい排他的感情があるようで、そんな無自覚なままの横暴さに、
ひとびとの心をなぐさめ、勇気づける物語を描く者さえも、痛めつけられて。

映画 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男_b0190930_23503991.jpg

服役後に出所しても映画界からは追放、脚本家としての腕はたしかなのに、
危険分子に仕事はゆるされず、けれど生活のため、ありあまるアイデアのため、
名前を伏せて廉価で、密かに膨大な量の名作や娯楽作をつぎつぎ、これは闘い?
賞讃や尊敬、穏やかであたたかな暮らしも諦めて、まるで何かへの挑戦のよう。

映画 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男_b0190930_2350571.jpg

いやきっと、こっそり脚本を書きつづけることのかなしさは、おしはかれず、
名誉や報酬は欲せずとも、自らの創作を語れない、思いを吐露できないことは、
世界とつながっているたしかさを、奪われたようなものでは?
正当な批判なら、きちんと対峙できるけれど、それさえ許されない侮蔑など。

映画 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男_b0190930_23511775.jpg

終盤、わずかに距離をおきながらも、ずっと寄り添いつづけた娘が、
目からウロコの洞察力をみせてくれるのだけれど、勇敢な者に光さす瞬間が、
自分を信じて、あるいは、信じるに値するか絶えず検証しつつ、屈しなければ、
大切なものは、きっと世の中に生き残れる、そんな希望がかいまみえて。

映画 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男_b0190930_23513319.jpg

それにしてもトランボさん、あれもこれも著名な映画の脚本書いたんですね。
「ローマの休日」ラスト、王女の凛とした表情が奇跡的に素晴らしいですが、
トランボさんの不屈の精神が、あたかも映ったように、不思議に感じられて、
市井の人々のささやかなきらめきのような自由を、守りたい、そんな瞳と口元。

映画 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男_b0190930_23515984.jpg

シネプラザサントムーンにて10月

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 公式サイト

by habits-beignets | 2016-10-04 00:04 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 ブルックリン

生まれ育った地元での、穏やかだけれど、窮屈な暮らしから解き放たれようと、
憧れの新天地に、期待と不安ではちきれそうになりながら、海を渡った彼女の、
澄んだ瞳にうつる、さびしさやよろこび、輝きや曇りが、胸にせまってきます。

映画 ブルックリン_b0190930_2241361.jpg

年老いた母と姉妹での三人暮らしは、アイルランドの気候もあいまってか、
質素でまじめなつましさに、いくらか絶望の気配が漂い、なんとかして風穴を、
そんな、若い娘たちのすがる気持ちがうかがえて、たぶん、妹むすめが、異国へ
発つのは、単に仕事をもとめるだけではなく、なにか希望を見いだしたくて。

映画 ブルックリン_b0190930_2243576.jpg

けれど、日々なじんできた、身近な愛するひとたちと、遠く離れるのは、
なんとも体をひきちぎられそうな苦痛、出航のときの、見送る顔と旅立つ顔の、
思いの交感、いつまでもつながっていたい、たくさんの色とりどりのテープ、
きっと、もしや二度と会えないかも、無事の祈りをわかちあう、せつなさが。

映画 ブルックリン_b0190930_2281220.jpg

同郷の仲間がいるとはいえ、新しい暮らしは、なにもかも勝手がちがい、
微笑もなくしてしまう、耐えがたい望郷の念、けれど、若さはおそるべし!
にぎやかな催しや、異郷の人との出会いにときめいて、いつしか、誰かれの
やさしさに、包まれている幸福に、気持ちも体もほぐれてゆき、輝く時間。

映画 ブルックリン_b0190930_2285825.jpg

大人になるって、自分の居場所をみつけること、自分の価値を見いだすこと、
自分を必要としている世界、自分が必要としている世界を、見つけて選ぶ、
その課題に、真剣に真正面からむきあう、ということなのかも、
たとえ誰かが用意してくれた道から外れても、自らの手で力ずくで切り開く。

映画 ブルックリン_b0190930_229186.jpg

あれほど心細かったのに、ようやくのびのび、自分の幸福を勝ち取って、
自信にみちあふれていたところへ、思わぬできごとで再び海を渡るのですが、
目に映るものは、覚えていた印象とはどこか奇妙にずれて、なにげない光景が、
このうえなく愛おしく、愛おしいはずのものが、戸惑うほどひどく鬱陶しく。

映画 ブルックリン_b0190930_2293669.jpg

人生の岐路って、たしかにとても大切で、ものすごく悩む、できれば、
すべてのひとに幸福になってほしいし、でもすべてを選ぶことはできなくて、
たとえば肉親への愛はたしかなのに、ともに暮らすことが、自分の未来を
輝かせてくれるのか、たとえば誰かを裏切っても、選ぶべき幸せがあるのか。

映画 ブルックリン_b0190930_2295564.jpg

親元で暮らしているときには、想像もつかなかった自分のありようと、
自分をとりまく世界の見え方、大切なものを諦めなければならない寂しさと、
それに耐えられることを信じる強さ、初めての航海の揺れにはわけもわからず
転げ回っていた頼りなさが、遠い昔となったとき、自分の足ですっくと立って。

映画 ブルックリン_b0190930_22103122.jpg

故郷との決別って痛いけれど、糧になる予感で、こらえられるものなのかも。
シアーシャ・ローナンの澄んだ瞳はあいかわらず、吸い込まれそう。

シネプラザサントムーンにて8月

ブルックリン 公式サイト

by habits-beignets | 2016-08-22 22:17 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 さざなみ

夫婦を長いあいだやってると、相手のことすべて、わかってるようなつもりに、
なってるのかもしれないですね、一体感をなんの疑いようもなく、信じられて。

映画 さざなみ_b0190930_20263081.jpg

結婚45周年のパーティーを目前に、夫のもとに、とつぜん、スイスの氷河で、
50年前の事故での遺体が発見されたというニュースが、知らされるのですが、
不穏なまでの、彼の動揺ぶりが、妻をも、訳のわからない不安に陥らせて、
けれど、どうにか乗り越えたい、誰かに罪や悪意があるわけではないのだから。

映画 さざなみ_b0190930_20271967.jpg

若さを保ったままの女性の遺体は、夫のかつての恋人、とはいえ、結婚する前の
関係だし、夫に非があるようなことではない、けれど、自分たちの結婚生活を
振り返るイベントよりも、あきらかに彼の気持ちはスイスの山へ向かっている、
その苛立ち、まるで何かを試されているような出来事に、孤独感を強いられて。

映画 さざなみ_b0190930_2028945.jpg

思いがけない相手の過去や思いを知ると、途端にすべて疑いたくなるってこと、
あるような気がします、あらゆることに裏があるような感じがして、たとえば、
自分へのやさしさ、愛情だと無垢に信じていたものさえ、何かの代用ではと、
本当に求められ、価値があるのは自分ではなくて、見知らぬ誰かなのではと。

映画 さざなみ_b0190930_20282911.jpg

いったん疑い始めたら、どんどんハマってゆくだけですものね、他人の言葉は、
なぐさめにしか響かなくて、ことに、疑っている相手の言動は、誤摩化しにしか
受け止められない、彼の気持ちを理解しようとすればするほど、深い闇へ、
自分の人生にさえ、自信がもてなくなって、助けてほしいのに、叫べない。

映画 さざなみ_b0190930_2028491.jpg

でも、満足できるほど信じられる、すべてをわかりあえる関係って、
無い物ねだりなのかも、お互い知らない部分、わからない部分を抱えながら、
それでも寄り添ってやってゆく覚悟、というのが、必要であるのかもですね、
自分にはないものを、相手が求めているような気がしても、仕方ないもの。

映画 さざなみ_b0190930_2029798.jpg

45年経ってこそ、いろいろの考えや思いがとりとめもなく浮かんでくる、
そんな感じってあるのかもしれません。自分たち夫婦は、これでよかったのか、
相手にとって自分は最良のパートナーであったのか、くよくよ考えたり、
長い年月のはずだったのに、あっというま過ぎて、呆然だったり。

映画 さざなみ_b0190930_20292846.jpg

映画のラストはちょっと苦いような気もしましたけれど、苦くても、諦めない、
それが、日々、年月を重ねてゆくということのような。

映画 さざなみ_b0190930_20391111.jpg

ところで、いかにもインテリ田舎暮らし風シャーロット・ランプリングの、
ナチュラルな装いが、なんともカッコよくてすてき。

シネプラザサントムーンにて7月

さざなみ 公式サイト

by habits-beignets | 2016-07-15 20:43 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 リリーのすべて

互いに尊敬しあい、魅力を認めあい、とても幸福そうな若夫婦なんですが、
ほんのはずみから、思いもよらなかった、複雑で終わりのみえない、苦境に。

映画 リリーのすべて_b0190930_0465786.jpg

ハンサムな夫は、新進気鋭の風景画家、まわりからの評価も高く、順風満帆、
彼を誇りに思う妻も、美人で魅力的な肖像画家、絵の評判は今ひとつだけれど、
それぞれの個性を尊重しあって、切磋琢磨しつつ、たえず睦み合う関係が、
いかにも心地よく、不足するものなど何もない、理想のカップルそのものに。

映画 リリーのすべて_b0190930_0473044.jpg

なのに、軽い気持ちで、妻の絵のモデルの代役を夫がひきうけたことから、
それまで露ほども考えていなかった、夫の変化がみるみる、そんなつもりでは、
と激しく後悔しても、すでに遅し、あんなに紳士然としていた夫だったのに、
誰もがうらやむ、まっとうに幸せな夫婦だったのに、暮らしは混乱に陥って。

映画 リリーのすべて_b0190930_0474840.jpg

理解したい、安楽を分かち合いたい、と望んでも、かつて愛し求めた夫の姿を、
見ることができなくなってゆく、恐怖と寂しさ、それでも、夫に本来の姿を
取り戻させてあげたいと願う、切実な愛情、つねに揺らぎながら、責めたり、
落ちこんだり、励ましたり、案じたり、誰かに助けを求めたり、出口を探して。

映画 リリーのすべて_b0190930_048551.jpg

皮肉なことに、夫をモデルに描いた絵が、とつじょ売れて、妻は一躍、
売れっ子画家に、対して、描くことがなくなった夫はつまり、叶えられない
欲求こそが、表現の源流だったのかもしれず、いつも描いていた同じ風景、
故郷への憧憬の、色彩の深さ、静かな暗さが、悲しみをたたえているようで。

映画 リリーのすべて_b0190930_0482958.jpg

リリーと名乗るときの、夫のはにかみ悲しそうな笑顔、彼の不在の不穏さに、
彼を描くことで、自分を支えようとする妻、夫婦というかたちを超えて、
互いを結びつける絆を、かろうじて信じようと、現実的な解決策に、
恐れをこらえて、挑もうとする姿が、痛々しくも、たくましく、勇敢で。

映画 リリーのすべて_b0190930_0485463.jpg

役者の誰もが魅力的、舞台となるコペンハーゲンの街並も、いかにもの美しさ、
当時のヨーロッパのファッションも、目に楽しく、物語冒頭とラストの
つながりも、しなやか、風景そのものがきっと、彼だったのではと思われて。

映画 リリーのすべて_b0190930_049944.jpg

シネプラザサントムーンにて6月

リリーのすべて 公式サイト

by habits-beignets | 2016-06-24 00:58 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー

歳を重ねてわかったのだけれど、もうおばさんだって自分に言い聞かせても、
悲しいぐらい、中身は女の子だったりで、かわいいお洋服やアクセサリーに、
ついつい引き寄せられてしまう、きれいな色やデザインに、ときめいてしまう。

映画 アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー_b0190930_1253593.jpg

それ、でも、健全なことなんですよね!きっと必要で大事なことなんですよね!
94歳のニューヨーカー、アイリスさんの、ゴーイングマイウェイっぷりは、
パワフルで、ケタはずれのカッコよさ、なのに自然体、その正体は?と思いきや
インテリアデザイナーとしてのキャリアは相当、なるほど、でもとても気さく。

映画 アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー_b0190930_1273892.jpg

おそらく、かなりハイソな世界でお暮らしだと思われるのですが、けっして、
高級品ばかりを身につけるわけではなく、ジャラジャラ、チープなアクセを、
厳しく吟味しつつも、ひょいひょい手にとり、組み合わせては、ほらどうよ?
とばかりに颯爽登場、その姿、まさに「めずらしい鳥」、えもいわれぬ威厳が。

映画 アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー_b0190930_1282334.jpg

彼女の膨大なファッションコレクションが陳列披露されたのは、ちょっとした
アクシデントが、きっかけだったらしいのだけれど、あっというまに口コミで
評判に、84歳にして時の人に、モデルやコメンテーターとして引っぱりだこ、
プロデュースしたものは即完売、キャラも立っての、ファッションアイコンに。

映画 アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー_b0190930_12851100.jpg

いやもう、トークショーでコーディネートを助言するシーンがあるのですが、
彼女の迷いのない手で、着る人それぞれが、いきいきと輝くさまは、お見事、
人によって、シチュエーションによって、着るものを選ぶことの大切さと、
楽しさが、驚きとともに伝わって、装いって、輝く人生につながるものかも。

映画 アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー_b0190930_129959.jpg

なかよしの旦那さまの装いを選ぶのも、楽しそう、というか愛に満ちて、
キラキラ元気に! いっしょに闊歩! どこか祈りのような、功徳にさえ、
本当は、いくら精力的に動きまわっていても、若い頃とおなじではない、
でもだからこそ、鮮やかな色、キュートなものに囲まれる喜びをつねに。

映画 アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー_b0190930_1292656.jpg

スーパーウーマンに違いなくても、華やかな人生の影であきらめたものも、
そうは見えずとも、苦悩や悲しみも、おそらくいくらかあったはず、でも、
自分にふさわしいもの、自分を豊かにしてくれるものを、情熱的に求めたら、
まわりを惹きつけ、希望や楽しさや喜びをふりまいて、極楽鳥のように。

映画 アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー_b0190930_12154944.jpg

旦那さまの100歳のお誕生日パーティーの、にぎやかな神々しさ。
「パーティーに出かける支度は、パーティーそのものよりずっと楽しい」
至福の時間を、身近な人たちみんなと分けあえるよう、その心がけこそが、
おしゃれ、自分がハッピーであることが、みんなのハッピーに、きっと。

映画 アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー_b0190930_12101954.jpg

シネプラザサントムーンにて5月

アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー 公式サイト

by habits-beignets | 2016-05-28 12:16 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 キャロル

50年代ニューヨーク、クリスマスシーズンのデパート、ゼンマイ仕掛けの
玩具たちがところ狭しとならぶ売り場での、視線の交わし合いに目が釘づけ。

映画 キャロル_b0190930_16145962.jpg

サンタ帽を被った売り子の女性と、たっぷりな毛皮に身を包んだ客の女性、
店内の混雑に遮られながら、目を合わせた瞬間が永遠のときでもありそうで、
これって何だろう、このわけもなく、どうしようもない、あらがえない吸引力、
もしや? そう気づいたときにはすでに遅い、迷う暇もなく、つっぱしって。

映画 キャロル_b0190930_16151817.jpg

世間並みのしあわせは、すぐそこに、ちょっと手をのばせば、誰も傷つけずに
それなりに恵まれた人生を歩めそうなのに、なぜか拒絶せずにはいられない、
たぶん希望が見いだせないから、物足りなさに鬱鬱となる心が叫びそうだから、
自分が何を欲しているか、考えなくても、圧倒的な心の動きでわかってしまう。

映画 キャロル_b0190930_16153870.jpg

本当に、互いをわかちあいたいと渇望したとき、異性はむしろ幻滅の対象かも、
この時代の男性は、女性を所有欲の目で見ていそうだし、上から目線は確かに、
美しさ可愛さを讃えるばかり、自分の意のままにならなければ、激しくなじる、
けれど彼女たちは、ためらいがちに、でもまっすぐ、相手の心の奥に忍びこむ。

映画 キャロル_b0190930_16155513.jpg

あっと思うまもなく、二人の女性の情熱のまま、物語は加速してゆくのですが、
写真家になることを夢見る、少女のようなまなざしが、一分一秒を逃すまいと、
フィルムに刻むのが、いたいけな祈りのようでいじらしく、まぶしげに見返す、
年上の女性の、華やいでいながらも、どこか冷めた表情が、気高く悲しそうで。

映画 キャロル_b0190930_16161265.jpg

いつかは終わりがくるから、という変えられない真実を受け入れるかのように、
逃避行じみた二人の関係は、中断を余儀なくされそうになり、ふと立ち止まって
考えたり決断して、そして時間が、いつか自然に熱を冷ましてくれたようにも、
でもきっと人生のなかでの、代えがたい一瞬は、強く互いの核にきざまれて。

映画 キャロル_b0190930_16165179.jpg

映画冒頭からラストへの流れが、非のうちどころのない完璧さ。
目だけで、すべてを語る、女性たちの、表現力のゆたかさ。
混雑を介しての大胆な視線、誰にも悟られない密会の、濃密さ妖婉さ。

映画 キャロル_b0190930_1617960.jpg

さておきファッションがとってもすてき、オードリーぽいジャンパースカート、
ヘアバンド、タータンチェックの帽子マフラー、クラシカルな車、街並も。

シネプラザサントムーンにて4月

キャロル 公式サイト

by habits-beignets | 2016-04-13 16:31 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 アレクセイと泉

チェルノブイリから北東に180キロ、ベラルーシのちいさな村、
2000〜2001年、日本の監督が撮ったドキュメンタリー。

映画 アレクセイと泉_b0190930_0544114.jpg

アレクセイ青年の静かな語りで、映画は始まるのですけれど、内容は深刻、
放射能、汚染、恐ろしくもあって、それなのに、目の前にひろがる光景は、
すこぶるのどか、昔むかしからの、丁寧でおだやかな暮らしを、微笑みながら
くり返す、ただ、若者の姿は殆どないけれど、アレクセイ青年が頼りだけれど。

映画 アレクセイと泉_b0190930_125189.jpg

古くから大切に使われてきた、泉の水、暮らしの中心、いのちの源のそれの、
汚染量はゼロ、まるでおとぎ話のようで、信じがたいのだけれど、村の誰もが、
病とはいかにも無縁そうに、たくましく惑わず、まっすぐひたすら自分たちの
流儀を、しなやかに守り続ける、雪のなか、新緑のなか、隣人と手をたずさえ。

映画 アレクセイと泉_b0190930_142758.jpg

久しぶりにやってくる司祭に、見てもらえるよう、泉の木枠を修繕するのは、
老いた男たちの腕と足、その仕事ぶりには誇らしさが、神聖な沸き水を守り、
関わり、恵みをうけることがそのまま、生きてゆくことと信じているようにも、
泉の畔に立つ、三角屋根の十字に、彼らの純粋な信仰が、可憐なたたずまいで。

映画 アレクセイと泉_b0190930_151385.jpg

原子力とか放射能とか、そもそも無縁の空気がいっぱい広がってるんです、
じゃがいもを掘り、カゴを編んで、糸をつむいで、暖炉でパンを焼き、
ときおり移動販売の車で、よそのものを買い、祭りではみなで歌い踊って、
老いていても、まるで少年と少女、女たちの花柄の衣装はお人形さんのよう。

映画 アレクセイと泉_b0190930_16757.jpg

政府の移住勧告で600人だった住人も55人の年寄りと1人の青年に、
町に住む子供や孫には、週に2本のバスでしか、もはや実際には世界から
忘れられられようとしている村なのだけれど、ここで暮らし続ける人たちには、
これ以上は望めない楽園のようで、とどまることの圧倒的な説得力が。

映画 アレクセイと泉_b0190930_1401.jpg

けなげでいじらしくて、多くを求めない、まっすぐなひとたちをどうか、
清らかな泉が、けがれからお守りくださいますように、
花模様で満ちた、あたたかそうな部屋そのままの、世界でありますように。

映画 アレクセイと泉_b0190930_114340.jpg

福島の事故が起こる以前の、すこし古い映画なのですけれど、
長泉町のクレマチスの丘で、上映されました。

映画 アレクセイと泉_b0190930_1145748.jpg

6月にも、上映されます。写真家である監督の他の映像作品も。
写真展が、IZU PHOTO MUESUMで開催されているのですけれど、
そちらの入館料で、映画、トークイベントなども観覧できます。

クレマチスの丘ホールにて4月

クレマチスの丘

IZU PHOTO MUSEUM

本橋成一監督作品 上映&トークイベント

アレクセイと泉 公式サイト

by habits-beignets | 2016-04-05 01:25 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー

映画 ハッピーエンドの選び方

舞台はイスラエルの老人ホーム、おしゃれで立派でたのしそう、
互いの余生を思いやり、助け合い、でも、終わりのときに気持ちは揺らいで。

映画 ハッピーエンドの選び方_b0190930_20585169.jpg

いつも何かを工作しているおじいさんは、いたずらっ子めいた明るさで、
どうやら、病気が進行しているらしき奥さんをも、自作の発明品で励まして、
でも、重い病気に苦しむ友だちとその奥さんには、せつない気持ち、寄り添う
思いが強まって、どうにか楽にしてあげたい、切実な願いなら叶えてあげたい。

映画 ハッピーエンドの選び方_b0190930_20592192.jpg

それは犯罪、いけないことと、咎められて、葛藤して、それでもきっと、
大切なひとからの訴えを、むげにはできず、仲間をつのり、思い切って決意、
でも誰が? 誰の手で実行? で計画はのっけから頓挫しかけ、そこで発明、
誰もが罪悪感に苦しむことがないように、恐ろしい犯罪と距離を置けるように。

映画 ハッピーエンドの選び方_b0190930_20594372.jpg

いや苦しいですよね、物語はあえてあまり深刻にならないよう、あちこち
ユーモアちりばめられて、不謹慎にも笑ってしまったりもするのだけれど、
もはや命を延ばしているのが、耐えられない、けれどそれを断つ手段もない
袋小路の状況でのジタバタ、愛しているからこそ、お別れを覚悟しようと。

映画 ハッピーエンドの選び方_b0190930_210277.jpg

思うように体が動かせて、したいことができて、気持ちを伝えることができて、
大事なことを覚えていられて、ということができなくなることの、悲しさ、
いつか回復できる希望がなければ、生きてゆくことへの執着はなくなるかも、
どんなに明るいことを考えようとしても、つきまとう虚しさに蓋をされて。

映画 ハッピーエンドの選び方_b0190930_2102166.jpg

でもどうなんでしょう、ただそこで生きている、ということだけでも、
誰かの支えになることもあるような気はするのですけれど、それまでとは
違う状態になっても、意思の疎通がかなわなくても、息づいていてくれる
だけでも、ありがたいような気もするのだけれど、それはむしろわがまま?

映画 ハッピーエンドの選び方_b0190930_2104329.jpg

やりきれない苦痛ばかりの生から、解き放たれることこそが、よろこび?
でも、それは敗北ではないの? 逃避ではないの? だって寂しいから、
そばにいたいから、いてほしいから、一緒にわかちあう時間が欲しいから。

映画 ハッピーエンドの選び方_b0190930_21118.jpg

誰かの役に立てるよう、よろこんでもらえるよう、発明品をこしらえてきた
おじいさんの、いろんなひととの交流、お別れをとおしての、迷いが、
軽やかなテイストで伝わってきて、もしも自分の身に起きたら、どれほどの
思いが錯綜することか、生って愛って難しい、考える対象には向いてない。

シネプラザサントムーンにて2月

ハッピーエンドの選び方 公式サイト

by habits-beignets | 2016-02-27 21:04 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー