人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

映画 誰もがそれを知っている

ふりそそぐ陽光を浴びて、楽しげに疾走する車からの眺めは自然豊か、

遠く離れた家族とも、スマホでつながりながら、彼らの笑顔はかがやいて。

b0190930_20283687.jpg


物語はじまってすぐ、出会っては、テンポよく弾けるように、交わされる会話、

どうやら、遠く南米からひさびさに、妹の結婚式のために、子連れで帰郷した姉、

家族や友人たちとの再会に、ほころぶ笑顔は幸福を呼びよせる力さえ、ありそうで、

生まれ育った場所で、慣れ親しんだ人々と過ごす、その喜びが微笑ましかったのに。

b0190930_20300699.jpg


誰もがみな、祝福ではしゃいで、結婚式てそうですよね、新郎新婦を囃しながら、

つどった人たちみな、飲めや歌えや、楽しい気分を共有して増幅させて、

誰がどこで、何をしているのやら、わけわからなくなっても構わない高揚感、

そんな中で、ほんの一瞬の隙に、いきなり、氷水でも浴びせられたような悲劇が。

b0190930_20303053.jpg


いかにも清らかで美しい娘さんだったんですよ、なのに突然、姿を消して、

アルゼンチンから、母親に連れられて、初めて訪れたスペインで誘拐なんて、

まさに気が狂ったかのような母親、そして、事情を知った、家族、友人、

警察に届ければ命はない、と脅されて、困惑、憔悴、絶望、翻弄される彼ら。

b0190930_20305742.jpg


愛する者が、いなくなってしまったショックに、どうして?誰が?の猜疑心、

そもそも、なぜ彼女が狙われたのか、という疑問から、それぞれが抱える事情が、

徐々に、まるで、幸せを守っていた結び目が、ゆるんで、ほどけてゆくように、

穏やかな、自分たちの暮らしが、あっけなく、ばらばらに、崩れてゆく気配が。

b0190930_20313374.jpg


窮地に陥ったときって、私たちは試されますよね、何がいちばん、大切なのか、

日々、たぶん、自分にとっての優先順位は、更新されて、その確認を迫られて、

でも、それってとても、むずかしくて、切なかったりもして、苦しい作業、

けれど、逃げないで立ち向かわないと、無力な自分を、きっと後悔することに。

b0190930_20320346.jpg


愛すべき少女を、取り戻すために、何を犠牲にすることができるのか、

誰に犠牲を求めるのか、少女との関係性を、それぞれが、見つめながら、

一刻の猶予も許されず、極限状態に追いつめられた彼らが、導かれた答えに、

希望や、救いが、見出されたのかは、立場によって、考え方によって、きっと。

b0190930_20353464.jpg


一面にひろがるぶどう畑と、労働する人々、輝きを放つワインの、神々しさに、

それらを慈しみ、育てあげた農園主の男の、情念の深さが、伝わってきて、

ひょんなことから、板挟みにおちいった、彼の苦悩に思いを寄せれば、胸は痛み、

すっかり忘れてしまったほどの、過去の傷に、深追いされた境遇の悲しさが。

b0190930_20355087.jpg


それでも、困難に打ち勝ち、何かを取り戻した心持ちは、清々しく幸福なのかも。

悔いのない決断を、恐れずに下した自分には、励まされる人生であるのかも。

b0190930_20361001.jpg


イランの名匠、アスガー・ファルハディ監督が、長年、構想を練り続け、

ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム夫妻に当て書きした脚本とのこと、

過去に引き戻された、嘆きや祈りが、鮮やかに、大時計の歯車の動きとともに。

b0190930_20363835.jpg


シネプラザサントムーンにて9月


誰もがそれを知っている 公式サイト


by habits-beignets | 2019-09-16 20:47 | シネマのこと | Comments(0)

『マッピー』用ボーダー